ゾンビ(1978年)【全てのゾンビ映画の始まり】映画のあらすじ・ネタバレ・感想・評価!

投稿日:

全てのゾンビ映画はここから始まった。

1978年公開
上映時間:115分
製作国:イタリア・アメリカ
監 督:ジョージ・A・ロメロ

キャスト

ピーター・ワシントン:ケン・フォリー

フランシーン・パーカー:ゲイラン・ロス

スティーブン・アンドリュース:デビッド・エンゲ

ロジャー・デマルコ:スコット・H・ライニガー

ブレイド:トム・サヴィーニ

フォスター博士:デヴィッド・クロフォード

 

あらすじ

突如、死者が生き返り人間を襲い始めた。甦った死者=ゾンビがうごめく阿鼻叫喚の地獄で、フランシーン、スティーブン、ピーター、そしてロジャーの4人は都市から脱出し、巨大なショッピングセンターにこもり束の間の平和を得るが、やがて最大の恐怖と危機が迫る―。

 

 

ネタバレ

全米各地で突如死体が動き出し、生者を次々と襲い始めてから3週間。生ける死体【ゾンビ】に噛まれて死んだ者たちもゾンビ化して急速に数を増やし、社会に混乱が広がっていた。

フィラデルフィアのテレビ局に勤めるフランと恋人のスティーブン(ヘリ坊や)は悪化していく現状に見切りを付け、ヘリコプターで都市からの脱出を決意。

SWAT隊員のロジャーはアパートの篭城犯制圧作戦に参加していたピーターと意気投合し、友人のフランとスティーブンとのヘリ脱出計画に誘い、スティーブン(ヘリ坊や)達と合流する。

 

4人を乗せ飛び立ったヘリは、とあるショッピングモールへ辿り着く。そしてラジオによりピーターたちがいた都市はゾンビの大群により壊滅したことが報じられた。

 

モール内部はゾンビの巣窟だったが、物資は手付かずのまま残され、食料と安全な場所を求めていたピーターたちは、事態が収束するまでモール内に留まることに決める。

しかし、モール封鎖作業中にロジャーが冷静さを失い狂い、それが原因でゾンビに腕と足を噛まれ負傷してしまう。なぜか急に『ヒャーッハッー。ヒャーハッー』と狂いだします。

封鎖を完了し、モール内ゾンビを一掃。物資の独占に成功したピーターたちは、最上階に隠れ部屋を作り事態が収拾するのを待った。

ゾンビに噛まれたロジャーの容態が急速に悪化。

ロジャーは『死んでも蘇った時は撃ってくれ』と言い残して死亡。間もなくゾンビとして蘇ったロジャーはピーターの手により永遠の眠りに。

ある日モールの外には武装した30人近いヘルズ・エンジェルスの一団が。モール内に侵入され、物資を狙われ、襲撃を受ける。

ピーターとスティーブン、略奪者、ゾンビの三つ巴の戦いが始まる。

傍観を提案するピーターの提案を無視し、略奪者たちに怒りを燃やしたスティーブン(ヘリ坊や)は単独行動を取り攻撃を開始。

乱戦の最中、スティーブンはゾンビたちに襲われ命を落とす。

何とか乱戦に勝利したピーター。

ピーターとフランがスティーブンの帰りを待ち続けて数時間。

彼はゾンビ化し変わり果てた姿で隠れ部屋までゾンビたちを引き連れて戻ってきた。

ピーターは無言でスティーブンの頭を撃ち抜くと、フランを『逃げろ』と屋上のヘリに送り出す。

ピーターは1人残って自殺を決意するが、ゾンビが部屋に入った瞬間寸前で思いとどまり、フランと共に燃料の残りわずかなヘリで夜明けの空へ飛び去った…。

 

感想・評価

ゾンビ映画のパイオニア、そして開祖である今は亡きジョージ・A・ロメロ監督の最高傑作であり遺作。

歩くゾンビ映画の最高作品だと思います。

ゾンビ映画好きでこの作品を観ていない方はいないんじゃないかというくらいの作品です。

ゾンビマニアの『ゾンビに襲われたらショッピングモールに立て籠もる』という考えはこの作品から生まれました笑。

 

評価は、

 

★★★★★☆☆

★5つ。 観た方がいいと思う!

 

1978年に作成された作品なので映像が古いです。物足りなさを感じる方は2004年にリメイク作品として【ドーン・オブ・ザ・デッド】 が作られているのでそちらをご覧ください。こちらもおすすめです。

ゾンビ(1978年)【全てのゾンビ映画の始まり】映画のあらすじ・ネタバレ・感想・評価!でした。



-映画
-, ,

Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.