スカイライン -征服- 【地球征服3日間の黙示録】映画のあらすじ・ネタバレ・感想・評価!

更新日:

地球征服3日間の黙示録

『アバター』や『2012』を手掛けたVFXチームによる圧倒的な映像で描くSFディザスター・ムービー。『AVP2 エイリアンズVS. プレデター』のグレッグ、コリン・ストラウス兄弟がメガホンを取り、リアリティーを重視した視点で人類滅亡の危機を描き出す。

2010年公開
上映時間:94分
製作国:アメリカ合衆国
監 督:グレッグ・ストラウス、コリン・ストラウス

キャスト

ジャロッド:エリック・バルフォー:主人公

エレイン:スコッティ・トンプソン: ジャロッドの恋人。

キャンディス:ブリタニー・ダニエル: テリーの恋人。

デニス:クリスタル・リード: テリーの浮気相手。

レイ:ニール・ホプキンス: テリーの仕事仲間。

オリヴァー:デイヴィッド・ザヤス: 高級マンションの管理人。

テリー:ドナルド・フェイソン: ジャロッドの親友。

ウォルト:ロビン・ガンメル: テリーの隣人の老人。

ジェン:ターニャ・ニューボウルド: テリーと同じ高級マンションの住人。

コリン:J・ポール・ボーマー: ジェンの夫。

 

あらすじ

ハリウッドの映画デザインの仕事で大成功を収めた親友テリーの誕生日パーティに参加するためロサンゼルスに来ていた恋人同士のジャロッドとエレイン。パーティの会場である高層マンションのペントハウスで親友テリーとの久しぶりの再会を喜び、楽しい一夜を明かしていたのだが、早朝に仲間の1人レイが青白い光の中に吸い込まれるという異常事態に出くわす。ジャロッドも光に吸い込まれかけるがエレインらの制止により窮地を脱する。空が明るくなると窓の外には、巨大な未確認飛行物体が大量に飛来し、地上から人間を次々と吸い上げていく恐ろしい光景が広がっていた。ジャロッドらはマンションの中で状況を把握しようとするが・・・・・・。エイリアンによる地球征服の3日間が始まるのであった。

 

 

ネタバレ

パーティーの場で親友のテリーからL.Aで一緒に仕事をしないかと誘われるジャロッド、引っ越すのは嫌とゴネるエレイン。そしてエレインはトイレに駆け込む。追いかけてきたジャロッドに妊娠している事をつげ、困惑するジャロッド…。

そんな時にトイレの個室で○○○していたテリーとデニスが出てくる。

おっとお互い気まずい空気が…笑。

そんなこんなでパーティーは終わり、翌朝、窓の外で輝く謎の青い光を仕事仲間のレイが直視してしまう。光に魅了されてしまったレイは一瞬で光の方に吸い込まれていく。

そして主人公のジャロッドもその光に魅了されてしまうがエレイン達がジャレッドを抑えつけて何とか光に飲み込まれるのを防いだ。

そして外では街の至る所に青い光が発生していた。

ジャレッドとテリーは街の様子を一望できるマンションの屋上へ向かう。そこで観たものは、雲の中から現れた巨大な宇宙船が、青い光に魅了された大量の人間を吸い上げている光景だった。

おまけにタコの様な足が何本も生えた機械生物のようなものが無数に街を飛び回り、人間を捕獲していく。

巨大な獣のような機械生物(操縦しているのは人型の宇宙人)まで現れ、攻撃してきたアメリカ軍を蹴散らしていく。

テリーの浮気相手のデニスが超可愛いです!

 

『やばい全滅する』

 

と危機感を覚えた彼らは、何故か海に脱出する計画をたてる。部屋に隠れていた方が安全な気もするが。

半ば無理やりに近い形で全員で駐車場から車で脱出しようとするが、出口には巨大な獣のような機械生物が待ち構えていてテリーとデニスが死亡。

『ギャーーー!』と駐車場中に逃げ込むが、そこにはタコ型の機械生物が!

『あ、終わったかも…』と生き残った全員が思った瞬間、マンションの管理人のオリヴァーに助けられる。

宇宙人達のエネルギー源は、なんと人間の脳と脊髄。オリヴァーが倒したタコ型機械生物は、マンションの住人のコリンの脳と脊髄を取り出し、自分の体に埋め込む。そして復活。それを見て逃げるメンバー達。コリンの妻も死亡。

で結局のペントハウスに戻る。

『どうしよう。どうしよう』

と揉めている最中、アメリカ空軍の反撃が始まる!

巨大な宇宙船めがけて空軍の戦闘機が攻撃を仕掛けていく!

しかし、機械生物にバッタバッタ撃墜されていく。

しかし1機のステルス戦闘機がその攻撃をかわしながら宇宙船に接近していく。

ミサイルを発射する瞬間、ステルス戦闘機は撃墜させてしまう。

が撃墜されたと同時にミサイルを発射していた。

そのミサイルは宇宙船に直撃。

なんと核ミサイルでした。

核爆発をもろに受けた宇宙船はボロボロになり墜落していく。

歓喜の喜びをあげる生き残りメンバーだったが、なんとボロボロになった宇宙船が青い光を放ちながら再生していく。この時点で、地球上で宇宙船を破壊する手段がなくなったことを意味する。地球最強の兵器『核』が効かない=敗北。

 

結局生き残りはジャロッドとエレインの2人だけになり、2人は屋上に出て救援を求めるも、救助ヘリは巨大な機械生物に破壊され、戦闘機たちもバッタバッタと撃墜させていく、そして2人は宇宙船に吸い込まれていく…。

そして地球は沈黙した……。

 

 

感想・評価

最後のシーン、2人が手を繋ぎながら宇宙船に吸い込まれていくんですが、悲しい中にも愛のある綺麗な終わり方でした。そしてアメリカ映画には珍しい『人類滅亡』という結末の珍しい映画、と個人的に大好きな映画です。

 

が、

 

が!、

 

終わったと思ったら続きがありました。

宇宙船に吸い込まれた2人。意識が戻ったエレイン。しかしジャレッドが目の前で機械生物に脳と脊髄を奪われ人型宇宙人に埋め込まれてしまう。悲しむエレインにも機械生物の魔の手が!しかもエレインは妊娠中。

エレインの叫び声に1匹の人型宇宙人が反応します。エレインに迫る魔の手をバッタバッタと倒していきます。そしてエレインに近寄り、エレインのお腹に手を当てます。

エレイン『ジャレッド?ジャレッドなの!?』

そう、人型宇宙人になってしまったジャレッドですが、人としての意識を保っていました。

そして2人に忍び寄る多数の人型宇宙人……。

 

何だよこの終わり方!

ちょっとシラケた。

最後吸い込まれて終わっていれば完璧に近い映画だったのに残念です。

 

評価は、

 

★★★★★☆☆

★5 観た方がいいと思う!

 

この【スカイライン-征服-】ですが、続編があります。

その名も【Beyond Skyline】

多分観る価値ないです。

スカイライン -征服- 映画のあらすじ・ネタバレ・感想・評価!でした。



-映画
-, ,

Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.