山と映画を愛する男の『趣味』と『実益』を兼ねたブログです。

そこに山と金があるから

ホワイト企業の『早帰り』を利用して平日の金剛山へ。金剛山115回目。

投稿日:


本日5月16日、115回目の金剛山へ。

2月~4月までの仕事が忙しい時期が終わり、仕事が暇な時期に入ったので、社長のご厚意で『早帰り』が決まりました。

 

早帰りとは

仕事が定時前にひと段落した場合、何人かが定時まで残り、それ以外の人は定時前に帰宅すること。フレックスタイムの上位版。

 

普通の会社でそんな夢の様な制度があるのか!?

私の会社は何を隠そう超絶ホワイト企業です。

仕事が室内作業で楽。
単純作業(但し、取扱商品の単価が高額)

勤務時間が短い。
9時~17時30分(実質7時間15分労働)
残業時間は年間で2時間程度
美味しい食堂付き

年間休日が多い。
130日+有給

給料が多い。
平均所得の倍近く

という素晴らしい会社。しかも通勤時間も10分という素晴らしさ。

 

超絶ホワイト企業に転職して17年経ちますが、転職する以前は某大手運送会社で働いていて、勤務時間が7時~23時、週休1日、給料今以下という恐ろしく劣悪な環境で働いていたので、最初はこんな楽な仕事があるのかっ!と衝撃を受けました。

うちの会社は商品は利益率が高い。会社が取り扱う商品の利益率がいかに大事か実感しました。利益率低いから、利益を出すために長時間労働を余儀なくされ、利益が出にくいから給料も低い。利益率高いから短時間労働でも利益を上げられ、利益は給料に反映される。

正直この差は大きいですよね。

 

個人的な感想ですが、大きめの企業よりも、中小企業の方が採用条件が甘く、しかも労働環境も楽な会社が多いですね。中小企業なんて…と思っている方も結構いらっしゃると思いますが、儲かってる中小企業は従業員に給料で利益を還元している場合が多いので、美味しい思いが出来る場合が多いですよ!そして社長が従業員一人一人の名前を憶えていて、気さくに声をかけてくれる職場というのもなかなかいいものです。

 

勿論私の会社も従業員40人ほどの中小企業。小さいけどパワーは強大!

 

ただ、中小企業は『ファミリー企業』である場合多いので、社長の親戚が役職、というパターンが多いです。私の会社もファミリー企業ですが、社長はカリスマ、親戚たちも殆どいい人、しかし直属の上司(親戚)が激烈バカ、というなんとも言えない職場でもあります。

一日一回は激烈バカ上司を『こいつ殴ってやろうか(-_-;)』とイラッとさせられてます。

 

 

早帰りの期間は5月~7月。交代制で15時半に帰宅。

早帰りの番だったので家には寄らずに、その足で金剛山へ行きました。

いくら楽な仕事とはいえ、仕事後の金剛登山は予想通りの疲労感。

足が前に進まず歴代TOP.10に入るくらいしんどかったです…

毎日仕事前、仕事後に金剛山へ登っている方もいらっしゃると思いますが、ホントに尊敬します。

 

平日にも関わらず、10人程の登山客とすれ違いました。皆さん金剛山が好きですね~!

 

前回綺麗に咲いていた花たちは既に散っていて、何の楽しみもない普通の登山になりました。

 

何とか無事頂上到着。

お疲れ様でした。

 

そしていつもの写真撮影をする場所で、綺麗な梅?桜?が咲いていたので記念撮影。

…ん?

後ろに上がる階段がある。初めて知った。

『此の上から 関空淡路島方面 眺望良好です』とのこと。

 

20段ほど階段を登ってみると10人程度が座れる広場に出ました。

そこからの景色は、、、

…曇ってて分かりません笑

 

今度天気の良い日に夜景を撮ってみます!

 

 

 

 

 



-金剛山
-

Copyright© そこに山と金があるから , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.