山と映画を愛する男の『趣味』と『実益』を兼ねたブログです。

そこに山と金があるから

紅葉の金剛山。登りは楽なロープウェイ。下りは急なシルバーコース。金剛山120回目。

投稿日:


本日11月5日(日曜日)

前回の登山が9月9日だったので、2ヵ月振りの金剛山。

そしてそのまた前が7月15日だったので、なんと約4ヵ月で2回しか登山していないというサボり様。

サボる=久しぶりは疲れるから足が遠のく=サボる=久しぶりは疲れるから足が遠のくのループにハマった。筋トレ&ダイエット目的の登山だったのでサボらずに定期的に行かなければ。

二十歳の時の写真が出てきた。私の家は、私が二十歳の時に火事で全焼した。火元は2階。私の部屋も2階。母が『…ゴミ箱に捨てた煙草の吸殻、ちゃんと消えてなかったかも…』が原因かもしれない。

この事実は私と母しかしらない。公には漏電扱いだから。私の思い出の品などは一切合切燃え尽きた。だから思い出の品が残っているのはかなりレア。

細いし若いな~。この頃に戻りたい。いや、頑張って戻ろう!

 

 

話は戻りますが、今日は2ヵ月振りの登山なので『楽をしよう!』ということで大事を見てロープウェイで頂上へ行く予定。下山のみ徒歩。そして今日もいつものおっさんM君も一緒に笑。

途中いつもの道が土砂崩れにより通行止めに。迂回。

そして今日は14時に金剛山へ到着。

この時間に着くと、駐車場が恐ろしい位に混んでます。やはり金剛山は夜行くに限る。

 

金剛山の紅葉は…

やはり一部しかない。

 

紅葉で大事な『赤色』が殆どない。これが金剛山で一番残念な事実。

紅葉があれば最高の山なんですけどね。

 

そして30分ほどで捺印所へ到着。ロープウェイ最高。楽すぎる。

そして、ヒールを履いている50台くらいの夫婦を見た。バカすぎる。

 

捺印所前の木が真っ黄色に。綺麗です。

 

 

 

そして山頂の売店でアイスクリームを購入。山頂で食べるアイスクリームが最高に美味い。

 

そして下山。

登る最中にシルバーコースのキツさを話していると、帰りは是非シルバーコースで下山したいとM君。

経験上このおっさんの提案はロクなことがない。

が、今は秋も終わり。夏の様に草が生い茂ってもいないし、毛虫もいない。

ということでシルバーコースで下山することに。

 

シルバーコース入り口は、ロープウェイから捺印所へ向かう道の半ばあたりにあります。この看板の向かい。

 

道なき道へ入っていきます。

 

道を下るというよりも、ただ単純に下に降りる。という言葉がぴったりの道です。

 

 

 

写真の写りが悪いですが、足元は沢です。源流という言葉がぴったりかな。ここら辺から濡れていない足場がなくなります。

 

 

 

このコースは岩と水だらけ。靴が傷むのが一番嫌。

 

完全に沢。

 

 

 

間違いなく道ではない。ただの沢である笑。

 

 

 

 

 

シルバーコース最大の難所『滝』

 

金剛山にも舗装された歩きやすい道を逸れると、滝がいっぱいありますよ。ただ、気を付けなければいけないのが、滝がある=急な斜面であるということ。滝があるような急な斜面には車より大きい特大の岩がゴロゴロしている。いつ転がってきてもおかしくない、転がってこない保証もない。ということを忘れないでおきましょう。

 

大袈裟だけど、舗装された道路に出た時の喜びは普通に生きていたら味わえない。

靴も確認……よし、破れてない♪

 

やはり金剛山は歩きやすい本道に限る。

今日はM君の名言を聞けた。

今日彼は、いつもの夜登山ではなく昼登山だったので、『山ガール』を期待していたのだが、残念ながら山頂には『ガール』は全くいなかった笑。

 

そこで彼の一言

 

『ババガールしかいないじゃん!』

 

失礼極まりない笑

 

紅葉の金剛山。登りは楽なロープウェイ。下りは急なシルバーコース。金剛山120回目。でした。



-金剛山
-, ,

Copyright© そこに山と金があるから , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.