山と映画を愛する男の『趣味』と『実益』を兼ねたブログです。

そこに山と金があるから

久し振りの友人との登山&黒とが谷ルートで遭難。金剛山102回目。

更新日:


本日102回目の金剛山(2016年10月23日)

今日は親友M君と登山。1人以外で登山、多分2カ月振りだろう。

今日はいつもの義務的な登山から、いろんな意味で楽しい登山になりました。

彼は小学校2年生からの親友。

『変わらぬ友情、プライスレス』

自分から香ばしい匂いがします笑

いつもは大阪側の階段がメインの『金剛山本道』から登るのですが、
M君が『山!ていう道登りたい』という要望を出したので
黒とが谷ルート(セト) にチャレンジしてみました。

(詳しい行き方は『金剛山登山道情報』で検索お願いします)
私は何回か体験済みですが、それは昼間の話。

 

夜のセトルートは初めて。このセトルートは基本的に沢を歩くコースです。
そしてトラロープに掴まって急な斜面登ったり、丸太の橋を渡るような結構危険な登山道です。
基本的に大阪側から登る登山ルートは『金剛山本道』以外、夜登るのは危険です。
慣れていない方はやめましょう。

 

1年振りの漆黒の闇状態のセトルート、
かなり曲がりくねった道だったので、ライトで照らしても曲がった先までは照らせない。
曲がった先に道があるのかも分からない。記憶も曖昧。

そして霧。

そして登ったことのないコースのくせに親友M君が『こっちじゃね(´・ω・`)?』と指示を出す始末笑

面白そうなので乗る私。

 

はい当然迷いました。軽い遭難。途中からセトなのか何なのか、何処にいるのか全く分からなくなりました。

写メ撮るゆとりも殆ど無かったです。

とりあえず上に登っていけば何とかなるだろうと軽いノリで通ったことない道をひたすら登りました。
しかも前日の雨により買ったばかりの靴もドロドロ。

『となりのトトロ』でメイがトトロの木に行くために通った獣道みたいな道も通りました笑

トトロはいませんでしたが、隣りに汚れてドロドロのおっさんはいました笑
すいませんm(__)mm(__)m

頂上に到着したのは1時間半後。かなり疲れました・・

写真は昼間のセトルートです。

普通に考えればこんな道、夜通るのは無謀です。

頂上もあいにくの霧。

そして8℃。もう手袋要りますよ。

皆さん知らない登山道を通る場合はしっかりとした下準備をしてから挑みましょう!



-金剛山
-, ,

Copyright© そこに山と金があるから , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.