山と映画を愛する男の『趣味』と『実益』を兼ねたブログです。

そこに山と金があるから

世界一の登山者数を誇る山は?&MAKOおすすめのギア紹介

更新日:


何で見たのかは忘れましたが、金剛山は富士山に次ぐ登山人口を誇る
山というのを耳にしたことあるんですが、ガセ情報でした笑

登山人口数1位は高尾山です!

高尾山は東京都八王子市にある標高599mの山。
なんとあのミシュランガイドで紹介されてから一気に知名度が高まり、年間の登山者数は260万人を超えています。

 

富士山やエベレストを越えて、なんと世界一の登山者数を誇る山です。
世界中では年間700万人が登山を楽しむそうですが、そのうち260万人が高尾山を訪れます。凄いの一言。高尾山には東京一高い所にあるビアガーデンがあるらしいです笑
汗かいた後のビールは美味いんでしょうね♪(私は下戸です)

 

2位は金剛山。金剛山は正式な調査はしていないらしが年間延べ80万~100万人が登っているようです。

 

ちなみに富士山は年間35万人程。
基本的に富士山の山開きは7月1日~8月26日の間。
では、この期間以外に富士山に登ることが出来ないのか?答えはNO。
富士登山自体は365日登山できますが、何のサポートもないのです。
閉山中は山小屋は開いていませんし、トイレも閉鎖中です。
基本日帰りで登る山では無いのでかなりの準備が必要になります。

 

そして雪の積もった富士山は『決して転んではいけない山』になるようです。

アイスバーン状態で転んでしまい一気に標高で900m距離で2km滑り落ちて2人死亡。
東京タワーの3倍の高さの2kmある滑り台で降りる。怖いですね…

 

標高の低い山であろうが、高い山であろうが、
必ず万全の準備をしてから登山に向かいましょう!

 

自分で敷居を上げてなんですが、私の大したことないギア紹介します笑

最近新しい靴買いました。

サロモン  X ULTRA MID 2 GTX


完全にデザインで選びました。しかし軽くて履き心地もかなり良いです。
少し細めのデザインなので足の幅が広い方はやめた方がいいかもしれません。
登山靴は重い方が、、、という方がたまにいらっしゃいますが、
初心者は絶対軽い方が楽です。

最近靴屋さんでよく見かける
ニューバランスから発売されている登山靴 MO790H

安いし、恐ろしく軽いです!持ってませんがお勧め。6,000円位で購入出来ます。

あとは個人的には
HI-TEC マッハ3(廃盤&ヒマラヤで3,000円雪用)

コロンビア マドルガピーク4(重いです)

持ってますが殆どはいてません。

靴下は安全靴用が安くて頑丈でお勧めです!

 

 

そしてザックは
マウンテンスミス  day tls

私は基本汗かきなので背中に背負うタイプのザックは背中が汗でビショビショになってしまうので好きではないです。
これは腰に巻くタイプのヒップバックです。多分カメラ用のバッグ?
容量は14リットル。

腰だけでは安定が悪いと思った場合、両肩から背負えるタイプに変えれるストラペッツもあります。
日帰り登山には十分な大きさです。

ただし残念ながらそこそこのお弁当箱と着替え、両方は入りません。
ですが軽く登ってすぐ降りる、金剛山夜登山にはぴったりのバッグです。

 

水筒は
バッグに映ってますが、
モンベルのエディボトル

これは蓋を開けなくても、
飲み口を上げるだけで飲めるのでかなり便利です!
サイズは1000ml 750ml 600mlあります。
写真は750ml と600ml です。

 

 

時計は
CASIO プロトレック PRG-110CJ-1JF(廃盤)

大容量充電システム『タフソーラー』搭載。
トリプルセンサー(温度計・気圧・高度計)搭載のレジスターリング付き2層液晶モデルです。
スントのヴェクターと迷ったんですが、やっぱり日本人はCASIOだろ!
てことでプロトレックに決めました。

紫の液晶が珍しいので気に入りました。
腕を傾けると点灯するオートライト機能つき。
暗い場所で時刻を見るとき、ライト点灯ボタンを押さなくても、
時計を付けた腕を上げるとライトが自動で点灯します。
今の時計の技術は凄いですね!

 

アウター全般はモンベルがお勧めです。
正直一昔前はダサいイメージがあったのですが(すいませんm(__)m)、最近はデザインとシルエットがかなりいい感じです。

私が一番凄いと思うところは『自分にピッタリのサイズが必ず見つかる』ところです。
(残念ながら巨漢サイズはないです)
店頭に置いてあるズボンなどは種類がハンパじゃないくらい豊富です。
裾直しもその場でしてくれます。破れた服などの修理もしてもらえます。凄い!

 

モンベルはよくイオンモールなどに出店しているのですが、他の登山用品専門店と比べてみてください。商品を置いてある密度がかなり違います。他の登山用品専門店の10倍程の密度があると思います。

 

モンベルの回し者ではないですが、モンベルお勧めです。
モンベル一店舗で夏から冬までの登山用品や水筒、アイゼンなど、その他細かい登山用品まで全部揃います。

 

しかし登山用品は基本的に高いですね…
個人的にマンモスがトレードマークのマムートが好きですが、
正直あんなの高くて買えません。
まあ1000m級の金剛山には必要ないレベルのギアですけど。

 

なにせ雨の日の金剛山は、
傘をさして長靴履いた猛者達が多数出現します笑

ここで一句

金剛山

装備はなんでも

大丈夫

ダメダメ笑 準備はしっかりしていきましょう!



-山全般
-, ,

Copyright© そこに山と金があるから , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.