【月の異名】睦月 如月 弥生 卯月 皋月 水無月 文月 葉月 長月 神無月 霜月 師走の由来と意味は?

投稿日:

1月 睦月、2月 如月、3月 弥生という風に、日本には古来から、毎月の数字の呼び名ではなく、別の呼び名がありました。それを【月の異名】といい、伝統的で風情があります。

その月の異名の由来と意味を分かりやすく解説したいと思います!

ただ、はっきりとした由来が伝わっている月はないようです。ですので有力とされる説を紹介していきたいと思います。

1月 睦月(むつき)

正月に人々が集い、仲睦まじくすごす月という意味を持っています。

睦び合う月(むつみあう:仲良くする)、という意味で『睦び月』、これがなまって現在の『睦月』となった説が有力です。

ほかには、元になる月(はじめの月)という意味で『もとつき』がなまって『むつき』となった、稲の実を水に浸す月なので『実月』が『むつき』となった説もあります。

 

2月 如月(きさらぎ)

『きさらぎ』と呼ぶのは寒さが厳しくなって服を着込むことから『着更着』や『衣更着』だという説が有力です。

如月という感じは中国伝来の漢字にそのまま読みを当てているので意味はありません。

 

3月 弥生(やよい)

この弥生は元々『いやおい』と呼ばれ意味は『(弥)いよいよ(生)生い茂る』という言葉から来ています。

『弥』には『いよいよ』という意味があり、草木がいよいよ生い茂る月という意味です。

昔は意味のまま『木草弥生月(きくさいやおいづき)』と呼ばれていたようです。

 

4月 卯月(うずき)

卯の花が咲く時期だから卯月です。

『う』というのは『初』『産』ということを意味しているので、1年の始まりを意味しているという説もあるようです。

 

5月 皋月(さつき)

早苗を植える早苗月だからという説が最有力です。

ちなみに、異名の『皐』という漢字には『神にささげる稲』という意味があるそうです。

神にささげる稲の苗を植える月。というところでしょうか。

耕作を意味する古語『さ(佐)』⇒『さつき(稲作の月)』という説もあります。

ちなみに、植物のツツジ類の『さつき』は、旧暦5月に咲くためにこの名前がついたそうです。

 

6月 水無月(みなづき)

梅雨の季節なのに水がない月というのは不思議なのですが、旧暦(太陰暦)で計算しているために、水無月は現在の7月に相当します。だから日照りが続く月⇒水の無い月です。

7月 文月(ふみづきorふずき)

『ふみづき』あるいは『ふづき』と読みます。

七夕の行事に詩歌や書物を奉じる風習があったことからそう呼ばれているようです。

書物を夜気にさらし虫干しする行事があったため、文の月とよばれているという説もあります。

 

8月 葉月(はずき)

旧暦だと9月に相当するので葉落月(葉が落ち始める月)からきたようです。

 

9月 長月(ながつき)

夜長月の略のようです。

 

10月 神無月(かんなづき)

この月は全国の神々が出雲大社に集うために神様がいなくなることからそう呼ばれているようです。逆に神々の集まる出雲地方では『神在月(かみありづき)』というようです。

意味が曖昧になった時期に、出雲大社が全国に広めた、根拠のない俗説だという方もいるのですが、個人的にはこの説が好きです。

 

11月 霜月(しもつき)

霜が降りる月が最も有力な説です。

 

12月 師走(しわす)

12月は仏事が多く、僧侶は大忙しになります。普段は悠然としている師匠の僧も、この月だけは東に西に走り回ることからこう呼ばれているようです。

他にも『年が果てる』の『年果つ(としはつ)』が『しはつ→しはす』と転じたという説もあります。

 

 

以上が月の異名の由来・意味でした。

正直、現在では正確な由来は分からない月が多いようです。地域によっても月の異名の由来や意味が異なっていて、それぞれの地域から使わってきた説も混じってくるので、自分が正しいと思う説を信じましょう。

上記の説が一番しっくりくると思いますので、誰かに説明するときも恥をかくこともないと思います。

【月の異名】睦月 如月 弥生 卯月 皋月 水無月 文月 葉月 長月 神無月 霜月 師走の由来と意味は?でした。





-気になる話
-

Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.