山と映画を愛する男の『趣味』と『実益』を兼ねたブログです。

そこに山と金があるから

【嫌韓】韓国の歴代大統領の10人の退任後の末路が悲惨【呪われた国】

投稿日:


隣同士の国は仲が悪い。

日本は島国なので直接接している隣国はありません。個人的にこれは日本がかなりラッキーな立地条件にある国だと思っています。

日本に近い隣国たちは、

中国・北朝鮮・韓国・台湾

日本人の殆どが『陸続きの隣国でなくて良かった』と安心するレベルの国です。まともな国が台湾だけ笑。海が無かったら、凄いことになっている気がします。

そんな素晴らしい隣国のひとつ、『韓国』の普通じゃない国家事情を紹介したいと思います。タイトルにあるように『歴代大統領の悲惨な末路』です。

韓国とは

大韓民国(だいかんみんこく)

通称 韓国・南朝鮮

人口:5145万人(2017年)

国内総生産(GDP):世界11位(2015年時点)

朝鮮半島(韓半島)南部を実効支配する東アジアの共和制国家であり、戦後の冷戦で誕生した分断国家。

国土面積は980,480k㎡。北海道より少し小さいくらい。日本全体の国土のと比べると日本の1/4の大きさ。

日本では『韓流ごり押し』『反日活動』『腐った人間性』などにより韓国に嫌悪感を抱いた言葉『嫌韓』が浸透中。

 

韓国大統領の任期

就任した日から5年。任期満了したら重任(再選)は出来ない。

これは、長期的な独裁政治を防ぐ目的で1980年に韓国の第五共和国憲法で制定、第六共和国憲法(現在の憲法)でも適用。

韓国大統領は『不逮捕 特権』という法律に守られており、

大統領は内乱又は外患の罪を犯した場合を除いて在任中に刑事上の訴追を受けない(第84条)。

大袈裟な話、自ら辞任しない限りは何をしても逮捕されないし、辞めさせられることもまずない(一部例外を除く)。与党も野党も手が出せない。

任期は5年あるので、無能な人間が大統領になってしまっても、余程のことがない限り5年間必ず我慢しなければいけないということ。

 

韓国大統領退任後の末路

歴代の韓国大統領は、ほぼ全員が任期中の暗殺や退任後の逮捕や本人や親族の不正疑惑、自殺などの結末を迎えています。

その原因の1つが、新しい政権が、前政権の不正を暴いて支持率アップに繋げている。それがずっと続いているという悪循環にあります。

自分(現大統領)が前大統領にしたことは、次期大統領にもされる。因果応報というやつですね。

クリーンな大統領なら何の問題もないのですが、基本的に一人もいない感じがします。

国のトップである大統領が暗殺、自殺、逮捕、収賄、不審死、という恐ろしい結果を迎える国。韓国。自業自得なのか、国が呪われているのか……。

 

そんなお隣さんの歴代大統領の末路を紹介します。

 

 

 李承晩 イ・スンマン

第1代~3代大統領

生年月日:1875年~1965年(90歳没)

任期:1948年7月~1960年10月

大韓民国の初代大統領。12年間大統領をつとめた。
辞任を求める声が国内で強くなり、大規模なデモまで起き銅像は倒され、当時の副大統領の家が襲撃されるなどし大統領を退任。養子が一家心中を図り、家族2人を射殺して自殺。

李承晩はその翌日に妻とハワイへ亡命。

 

 尹潽善 ユン・ボソン

第4代大統領

生年月日1897年~1990年 (92歳没)

任期:1897年8月~1990年7月

全大統領の李承晩が4.19革命で失脚・亡命すると、民主党旧派の代表格として大統領に就任する。1961年の5.16クーデターにより退任。

後に軍法会議で懲役3年の刑罰を処された。

 

 朴正煕 パク・チョンヒ

第5代~9代大統領

生年月日:1917年~1979年(61歳没)

任期:1963年12月~1979年10月

第18代大統領 朴槿恵(パククネ)の父親。

高度経済成長の波に乗り韓国を貧困国から引き上げた『漢江の奇跡』などの実績があるが、一方で『独裁者』との批判的評価もあり、大規模な民主化デモが起こり、武力鎮圧を命じた側近の情報長官に暗殺(4.19革命)される。

妻も銃で襲撃され死亡。

長男も麻薬法違反で何度も逮捕されている。

 

 崔圭夏 チェ・ギュハ

第10代大統領

生年月日:1919年~2006年(87歳没)

任期:1979年12月~1980年8月

全大統領の朴正煕が暗殺(朴正煕暗殺事件)されると大統領権限代行となり、金鍾泌に次期大統領を依頼したが本人に固辞されたため12月6日に大統領に就任し約8ヶ月間在任した。

就任時には早期の改憲と民主化を約束したものの、戒厳令下で殆ど主導権を発揮できないまま、全斗煥による粛軍クーデターにより失脚、1980年8月に退任。

歴代大統領の中で在任期間は最短。

 

 

 全斗煥 チョン・ドファン

第11代~第12代大統領

生年月日:1931年~

任期:1980年8月~1988年2月

ソウルオリンピック誘致などの功績も認められる大統領だが、退任後、自ら『大統領時代の金銭的不正』を国民に謝罪、財産のほとんどを国に返還して寺に入る。しかしその後、クーデターや市民が多数虐殺された(光州事件)の件で起訴され逮捕され、死刑宣告を受ける。その後減刑され無期懲役に、さらに特赦により釈放される。

退任後に、利権介入などが発覚し親族が逮捕。2013年『全斗煥追徴法』が成立し、一族の不正蓄財に対する強制捜査が行われた。

 

 盧泰愚 ノ・テウ

第13代大統領

生年月日:1932年~

任期:1988年2月~1993年2月

軍人出身ながら親しみやすい笑顔と物腰で国民の支持を集めたが、就任2年目で政治資金隠ぺい疑惑が発覚。さらに粛軍クーデター・光州事件などの事件でも軍法会議にかけられ、軍刑法違反で懲役刑を処される。のちに特赦により釈放。

2012年6月、大統領在任中に作った秘密政治資金の一部を、長男の妻の父親に預けたとして、検察に捜査をうける。

 

 金泳三 キム・ヨンサム

第14代大統領

生年月日:1927年~2015年(87歳没)

任期:1993年2月~1998年2月

敬虔なプロテスタント信者である氏には、在任中も退任後も特に大きな不幸はなく、国民の一人に真っ赤なペンキの入った卵を顔に投げつけられたことが世界中に大きく報道されたくらいです。

政治と経済の癒着を嫌悪し『任期中はいかなる献金も受け取らない』と宣言、質素さをアピールし、政治の無駄の部分を排除していった。 経済面でも、不正の温床となっている仮名口座での金融取引をなくすため、『金融実名制』を実施。しかし当時20代だった官僚でも政治家でもない次男の金賢哲(キム・ヒョンチョル)が小統領と呼ばれるほど権威を振り回し、1997年に斡旋収賄などの容疑で拘束、懲役刑をうける。

 

 金大中 キム・デジュン

第15代大統領

生年月日1925年~2009年(83歳没)

任期:1998年2月~2003年2月

1982年、内乱罪などで死刑判決を受けたこともある(特赦により釈放)が大統領に就任。
南北首脳会談の功績が認められノーベル平和賞も受賞したのですが、北朝鮮に5億ドルを送金したグループを容認したとされその受賞に疑問を持たれる結果に。
また、長男、次男、三男も斡旋収賄の金銭問題で起訴、逮捕され、実に親族5人が逮捕されている。2002年、国民へ謝罪をした。夫人は『2002年は悪夢』と語っている。

 

 

 盧武鉉 ノ・ムヒョン

第16代韓国大統領

生年月日:1946年~2009年(62歳没)

任期:2003年2月~2008年2月

在任中、大統領弾劾訴追案可決により一時期大統領職を停止される。
退任後、故郷に戻り家を建てたが国庫の補助金で地熱冷暖房完備にしたことが発覚し国内から糾弾の声が上がる。
また、6億円もの不正疑惑がかけられ盧武鉉の側近・親族も相次いで逮捕。本人も逮捕間近とされていましたが、自宅裏の崖から投身自殺する。

 

 李明博 イ・ミョンバク

第17代大統領

生年:1941年~

任期:2008年2月~2013年2月

日本の大阪府大阪市平野区出身の韓国の政治家。日本での通名は月山 明博(つきやま あきひろ)。

退任後、自宅を建てるときの資金がほかの物件より明らかに安いことや名義が別人であるなど、購入資金を政府が不正に肩代わりしたとの疑惑があり、国会議員でもあった実の兄が逮捕される。

長男の李 相得も巨額の違法資金で逮捕。

2012年、突然竹島を訪問して『我が領土だ』と発言し、天皇に謝罪をもとめる発言が日本人の怒りを買った。

 

 朴槿恵 パク・クネ

第18代大統領

生年:1952年~

任期:2013年2月~2017年3月

第5代~第9代大統領である朴正煕の長女。

2012年の大統領選挙では、国家情報院の世論操作活動などが確認され、その正統性に疑問が提起された。2016年10月末に発覚した友人崔順実の国政介入問題、いわゆる『崔順実ゲート事件』により、支持率が急落。17の憲法違反や法律違反に問われて、2017年3月31日、収賄、職権乱用、機密流出などの疑いで逮捕。韓国大統領としては、3人目の逮捕者となった。

与党セヌリ党前議員で会社社長の成完鍾(ソン・ワンジョン)が、大統領が元側近に巨額贈賄を渡していたことを暴露し、自殺。

 

 文在寅 ムン・ジェイン

第19代大統領

生年:1953年~

任期:2017年5月~

盧武鉉政権で大統領側近として活躍。その後、国会議員に当選、新政治民主連合代表や共に民主党代表を務める。2012年12月19日の大統領選挙では朴槿恵に惜敗したが、朴槿恵の弾劾・罷免に伴う2017年5月9日の大統領選挙で当選し、同年5月10日に大統領に就任。

顔は真面目そうだが、大統領という権力を手に入れ、どう変わるかが見ものです。

 

とご覧の通り、国のトップが逮捕・亡命・暗殺・自殺などの結末を迎える、国自体が呪われているとしか思えない結末を迎えています。

こんな国と陸続きだったらと考えると……寒気がしますね。

私は韓国大嫌いです。

 

韓国(朝鮮人)を一番嫌いな世代は

戦争を体験した80歳代の後半から90歳代以上の世代です。

その理由が朝鮮進駐軍です。

朝鮮進駐軍とは第二次世界大戦後、在日朝鮮人によって組織され、日本各地で凶悪犯罪を引き起こし、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の資料にあるだけでも4,000人以上の日本人を殺害した恐ろしい組織。

戦後武器を所持できない警察の代わりに、そういう輩と闘っていたのが当時の山口組。当時のヤクザは任侠集団なので、堅気を敵から必死で守っててくれたようです。しかし、現在のヤクザの半数は在日という悲しい現実もあります。

 

私の祖母も、私が結婚するとき、相手に朝鮮人の血が流れていないかをかなり気にしていた記憶があります。

 

宜保愛子と韓国

昔、テレビ番組で宜保愛子が南鮮で霊視するという企画を立て、宜保さんが飛行機から半島を見た瞬間『あんなおぞましい所には行きたくない』とか言い出して、結局その企画は取りやめになった。という話を聞いたことがあります。

宜保さんは本でも『朝鮮陶器を持ってる家は没落する』と書いて、創価の仏壇にも縁起が悪いと言及してたようで、そのせいかあんなにブレイクしたのにマスコミから総叩きテレビ業界から追い出されたようです。

 

本当に日本は陸続きの隣国がなくて幸せですよね!

日本人に産まれて幸せです。

 

呪われた国?韓国の歴代大統領の退任後の末路が悲惨。でした。



-気になる話
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.