山と映画を愛する男の『趣味』と『実益』を兼ねたブログです。

そこに山と金があるから

【超怖い話】青木さやかの引っ越し物件【松田大輔】

投稿日:


最近見た『稲川淳二のねむれない怪談』

どこかで聞いたことのあるフレーズ。

『人志松本のすべらない話』のパクリですね笑

その中で、お笑いコンビ 東京ダイナマイトの主にボケ担当の松田大輔が語っていた恐怖体験がかなり怖かったので文に起してみました。

 

『青木さやかの引っ越し物件』

僕今の相方と組む前に、青木さやかと半年くらい組んでた時期があったんですよ。

青木と名古屋で活動してて、東京に一緒に出ていって活動しようっていう話になって、その時はもうコンビ解散してたんで、お互いピンで頑張ろうって話してたんですけど、東京で青木が物件を探してた時の話なんです。

僕はその時もう住む場所が決まっていたんですけど、青木がまだ決まっていなくて、探していたときに、ちょうど2LDKで5万円という物件があったんですよ。

ただ、これ僕ら東京に住んでないので物価が分からなくて、名古屋のちょっと離れた所なら当たり前の値段だったので、不思議にも思わなかったし、安すぎるという感覚が無かったんですよね。

『ここいいんじゃない?』みたいな話になって、

『じゃあ見に行こう』と2人で見に行ったんですよ。

不動産屋さんが部屋の扉をガチャっと開けたら、ここ前に住んでた人のタンスとか全部置いてあるからそのまま使っていいよっていう話で、冷蔵庫も、炊飯器も、全部そのまま置いてある。

『ああ、そうなんだ!』

て青木は喜んでたんですけど、私は人が使ってたやつはちょっと気持ち悪いなって思って。

その時、薄暗い部屋をばっと見たらタンスの上に歯の模型がわーと並んでるんですよね。

『何ですかこれ気持ち悪いっ』と不動産屋さんに聞いたら、『以前この部屋には歯科技工士の人が住んでたんです』と。

 

俺も入ったとき気持ち悪いなと思ってて、

『なんで荷物全部置いてあるんですが?身内の人に引き取ってもらったらいいじゃないですか』

と不動産屋に問うと、『身内の方と連絡が取れないんですよ。出ていってから』と。

 

私は『気持ち悪いからやめようよ』って俺は言ってたんですけど、

青木は『ここに決めた!』て言って、そのまま不動産屋に向かって仮契約したんですよ。他の誰かに取られないように。

で後から書類全部持ってきますんでっていう話になって。

 

俺はそこで青木と別れたんですが、その1時間くらい後に友達から電話がかかってきて

『青木が車にひかれた』って言うんですよ。

『どこで?』と聞くと、

『中野の交差点の所でひかれちゃった』と。

で中野の病院に行ったんですけど、怪我自体は大したことなくて、サイドミラー引っ掛けられて転んで手首を捻挫した程度だったんで。

『良かったな大したことなくて』

『このままご飯でも食べようか』

という話をしてたら、青木の電話がなって『もしもし……え?なんでなんで?』て驚いてて、『どうしたの?』って聞いたら『おばあちゃんが倒れた。意識不明だって。原因が分からない』

『え?お前実家帰った方がいいんじゃない?』

『もう新幹線もないし明日帰るよ。』

という話をしながら飯を食ってたんですけど、また青木の電話がなって、画面を見た青木がビックリして僕に画面を見せてきたんです。

僕と青木が2回ほど見てもらったことのある霊媒師の方からの電話で、青木に『連絡取ってるの?』と聞くと、『ここ一年取ってない』

『出てみろよ』と電話に出たら、『青木、お前引っ越そうとしてるだろ?絶対やめた方がいいぞ。そこ住んだらお前死ぬぞ』という電話だったんです。

『なんで私が引っ越すこと知ってるんですか?!』と問うと『分かる。絶対やめろ。明日すぐ解約しろ』と。

で気持ち悪いから次の日、2人で朝一に不動産屋に解約しに行ったんです。

『気持ち悪いんで解約します』と。

 

解約して、ものの15分もたっていない頃にまた青木の電話がなって『おばあちゃんの意識が戻った。今から退院だ』という電話だったんです。原因は分からない。でも元気だ。と。

 

こんなことがあったので『気持ち悪いからこの不動産屋やめようよ。別のところにしよう』という話になって、別の不動産屋で違う物件を探している時、

『昨日こんな事あったんですよ。2LDkで5万で、…で、…で』という話をしてたら、

不動産屋さんが『それどこですか?』と聞いてきたので、

『○○です』と答えると、

『あー、そこね…そこ、歯科技工士の人が首つり自殺してるんです…』

だからその物件はおかしなことになってる、いわくつきの物件として・・・。

 

という話でした。

稲川淳二のねむれない怪談2で一番怖い話でした。

 

こちらの記事もかなり寒くなれますよ…

怪談界のレジェンド『稲川淳二』の骨の髄まで凍る厳選おすすめ怪談話20選!

暑い日々が続きますね! 皆さん体調は崩していませんか? 『夏』といえばやはり『水着』 もいいのですが、やはり涼しくなる『怪談』が一番です。 何を隠そう私は三度の ...

続きを見る

 

 

 

 

 



-気になる話
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.