『賤ヶ岳七本槍』脇坂安治に幸運を運んだ“テンの皮”の存在とは!?

投稿日:

天正11年(1583年)4月、近江国伊香郡の賤ヶ岳付近で起きた羽柴秀吉と柴田勝家の"賤ヶ岳の戦い"(しずがたけのたたかい)。
信長亡き後の織田勢力を二分する激しいものとなり、これに勝利した秀吉は亡き織田信長が築き上げた権力と体制を継承し天下人への第一歩を踏み出します。

秀吉方で功名をあげた兵のうち以下の7人、脇坂安治・片桐且元・平野長泰・福島正則・加藤清正・糟屋武則・加藤嘉明は後世に賤ヶ岳の七本槍(しずがたけのしちほんやり)と呼ばれました。

 

診療報酬詐欺で逮捕されたタレント女医・脇坂英理子は脇坂安治の子孫だそうです。

個人的にすっぴんでも全然いける笑。

 

話は戻りますが、脇坂安治が赤井直正から貰ったラッキーアイテムのお話です!

 

脇坂安治の成り上がり人生

とかく栄枯盛衰の激しかった戦国時代において、脇坂安治(わきざかやすはる)ほど順調に武功を挙げた武将も珍しい。当初は明智光秀の下に仕えており、足軽のようなごくごく低い身分だったといわれている。

しかしその後は豊臣秀吉への仕官、賤ヶ岳七本槍としての功名、小田原征伐での伊豆下田城攻略、朝鮮出兵での活躍…とステップアップ。関ヶ原の戦いでも早々に東軍につき、戦後は伊予大洲藩(いよおおずはん)の初代藩主となった。石高は5万石と高くはないものの、足軽同然だったときに比べればかなりの“成り上がり”といえます。

 

 

運命を変えた若き日の武勇伝

この成功は、光秀に仕えていた時に赤井直正(あかいなおまさ)から貰ったテンの皮の槍鞘(やりざや)がもたらしたという逸話があります。


貂の皮の槍鞘(龍野神社奉賛会蔵) 出典 たつの市役所 より

丹波の豪族だった直正は、籠城して信長勢の攻撃に抵抗し続けていた。若き安治は単身で城に乗り込み、降伏するように直正に提案。直正は申し入れを拒否したが、彼の勇気には感心して家宝であるテンの皮を送ったそうです。以来“テンの皮”といえば脇坂家を指すようになりました。

テンの皮が本当に幸運を呼ぶかどうかはさておき、脇坂家は安治以後も順調に代を重ねています。3代当主・安政(やすまさ)のときには龍野藩主となり地域の発展に尽力、10代当主・安董(やすただ)のときには外様大名でありながらも寺社奉行と老中に登用されます。なお、くだんのテンの皮は兵庫県たつの市の資料館に保管されているそうです。

 

 

テンとは

イタチ科の小動物。夜行性でウサギや果実などが主食。日本でテンというと主にホンドテンを指す。

鳥山石燕(とりやませきえん)の『図画百鬼夜行』では、魔力を持つイタチの妖怪だとされています。

 

『賤ヶ岳七本槍』脇坂安治に幸運を運んだ“テンの皮”の存在とは!?でした。





-歴史
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.