本能寺は要塞だった!?自刃した織田信長の最後の抵抗とは!?

投稿日:

もう少しで手が届くはずだった天下統一があっけなく失われた瞬間。それは本能寺で起こりました。

本能寺の変。

それは突然の出来事だったのか、はたまた必然の出来事だったのか・・・

そして本能寺とは・・・

要塞に改造されていた本能寺

1582年、織田信長のもとに中国遠征中の羽柴秀吉より援軍要請が届く。信長はただちに出兵準備のために上洛、本能寺に逗留する。そこに突然、『敵は本能寺にあり』と言ったとか、言わなかったとかの明智光秀が兵を率いて急襲、信長は建物に火を放って炎の中で自刃したといわれている。本能寺の変である。

そこで疑問に思うのが、なぜ信長は守りの弱い寺を宿舎にし、少数の手勢しかおいていなかったのかということです。実は近年の研究では、本能寺は1580年に本堂を改築、堀や石垣などを設けるなど防御に優れた要塞に変貌していたと考えられつつあります。実際、2007年の本能寺跡の発掘調査により、堀や強固な石垣の遺構が掘り出されている。とされています。

しかし、信長が京に上洛した回数は約50回、そして実際に本能寺に宿泊した回数はたったの2回。それも建築中の“大坂城”完成までの繋ぎの宿舎的存在だったようです。京は信長にとって“庭”のような場所でした。天下統一を目前にして、自分の庭先だと油断をし、少ない手勢で警備の手薄な本能寺に泊ってしまった。

 

父・信長の死を知った息子・信忠がとった行動

いかに堅固であろうと、多勢に無勢では限界がある。信長もそれは百も承知だったはず。おそらく時間稼ぎができれば良いと考えていたのでしょう。結果、援軍が間に合えば良いのですが、間に合わなかったとしても味方が態勢を整える時間はなんとか稼げたはず、と。では、最も身近な味方はどこにいたのか?

当時、信長とともに秀吉への援軍に向かうべく、京都の妙覚寺(みょうかくじ)に嫡男の信忠が滞在していた。信忠は光秀謀反の報を受けると救援に向かおうとするが、時すでに遅く信長自害の報が届くと、京都所司代・村井貞勝(むらいさだかつ)の助言を受けて二条御所に入った。これはあとで振り返ると、歴史的に分岐点となる重要な決断であった。

 

信忠の究極の選択

信忠は二条御所に籠城して善戦するが、父同様、兵力の差はいかんともしがたく、自刃して果てる。ここで歴史の“if”となるが、仮に信忠が二条御所に入らずに、京都から落ち延びていたらどうでしょう。

その後の展開が示すように、光秀に与するものはほとんどいなかった。一方、信忠は信長の嫡男である。態勢を整え、家中の名将たちを率いて復讐戦を挑めば、容易に光秀を滅ぼすことができたのではないでしょうか。

その場合、史実では信長の後継者の座に座った秀吉が力を持つ機会は失われ、織田による天下が実現していた可能性は高い。前述のように、そのための時間はあったわけで、信忠の選択の誤りがあの世の信長には恨めしかったことでしょう。

本能寺は要塞だった!?自刃した織田信長の最後の抵抗とは!?でした。





-歴史
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.