『鬼左近』と呼ばれた島左近。敗北した関ヶ原の合戦後も生きていた!?

投稿日:

慶長5年9月15日(1600年10月21日)、石田三成率いる"西軍"(総大将は毛利輝元)と徳川家康率いる"東軍"が衝突した関ヶ原の戦い。結果は徳川家康率いる"東軍"の勝利。

別名「鬼左近」と呼ばれ、戦場での戦いぶりは鬼神のようであった島左近は石田三成の元で西軍として戦い、戦場の露と消えたはずが・・・

 

石田三成の参謀役に


岡田准一主演 映画『関ケ原』より

若いころから勇将として名を知られていた島左近⦅島(嶋)清興(しま きよおき)⦆は、畠山氏、筒井氏に仕えたあと、浪人中に石田三成に三顧の礼をもって迎えられ破格の高禄を食む側近として、2万石の俸禄で召抱えられます。これは当時の三成の禄高4万石の半分に相当します。左近はこの恩を忘れず、終生、三成に報いるべく働きます。

左近は『三成に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城』と謳われるほどの人物でした。

『君臣禄を分かつ』の逸話として伝えられている(『常山紀談』)。

しかし、良くいえば清廉潔白、悪くいえば融通の利かない三成の下では思うように力を発揮することができませんでした。

むろん本人はそんなことは承知の上で三成を支え続けたわけだが、ついに関ヶ原の合戦の最中、奮闘むなしく戦場の露と消えることになった。が、そんな左近が戦場から落ち延びたという説があります。

 

生きのびた左近は僧になった!?

島左近の生存説は、彼の首が見つかっていないこと、関ヶ原の合戦後に京の都での左近目撃情報が多数あることから囁かれるようになります。事実、史書に語られることこそなかったが、江戸期に書かれた逸話集などには、生き延びた左近のその後が記されています。

中でも有力な情報として『関ヶ原町史』に、左近が32年間、京都に隠れ住んだという記載があります。日蓮宗本山立本寺に左近の墓があり、位牌などが残されているのがその根拠だという。左近はこの寺の僧になったというのだが、戦場に倒れた兵たちの供養に後半生をささげるつもりだったのかもしれない。

 

島左近生存説諸説

どこに落ち延びた?

① 京都市の立本寺に墓があることから、この寺の僧になっていた。

② 浜田甚兵衛と名乗り、岩手県の陸前高田市に潜伏していた。

③ 島金八と名乗り、静岡県の天竜市に潜伏していた。

④ 落ち武者狩りを逃れるため、琵琶湖に浮かぶ竹生島に潜伏していた。

個人的に、こういう実は生きていたという"生存説"は大好きです!

岡田准一主演の映画『関ケ原』、面白かったです!おすすめ映画です!

『鬼左近』と呼ばれた島左近。敗北した関ヶ原の合戦後も生きていた!?でした。





-歴史
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.