豊臣政権崩壊の発端。関白・豊臣秀次はなぜ秀吉に粛清されたのか!

投稿日:

伯父・秀吉に振りまわされ、悲劇の運命を辿ってしまった豊臣秀次(とよとみひでつぐ)。

多才な人物で、剣術や歌道をよくし、また古筆了佐を扶持して名筆や古典籍を収集するなど文化的趣味が豊かであったそうです。

彼は、能や茶道にも通じ、古典文学にも親しみ、連歌を好む風流も持ち合わせ、何より血を見る事がキライで、争いごとを好まない人物だったとも言われています。

そして、彼の名君ぶりを後世に語り伝えた人はいても、彼のご乱行を後世に語り伝えた人など、誰一人としていないのです。

ではなぜ、そんな秀次が結果として切腹を命じられてしまったのでしょうか。

 

乱交をでっち上げられて切腹

豊臣秀次は、永禄11年(1568年)豊臣秀吉の姉である瑞竜院日秀の長男として誕生します。秀吉の親族に男子が少なかったことからも秀次は重用されます。

1591年、秀吉と淀殿の間に生まれた嫡男の鶴松が3歳にして死去すると、秀吉は秀次に豊臣姓を贈り、関白職をも譲って自らの後継者であるとこを示しました。

しかし、間の悪いことに2年後の文禄2年(1593年)8月3日、大坂城二の丸で産淀殿がまたも男子(のちの秀頼)を生みます。秀吉は歓喜します。それと同時に秀吉は掌を返すように秀次を疎んじるようになります。

秀次の存在が邪魔になった秀吉は、次第に秀次を追い込んでいき、秀次は乱行を理由に高野山に追放され、文禄4年(1595年)7月15日、切腹を命じられてしまいます。雀部重政の介錯により切腹して果てた。享年28。


『おもひきや 雲ゐの秋のそらならて 竹あむ窓の月を見んとは』(月岡芳年『月百姿』)高野山の豊臣秀次

『摂政関白(せっしょうかんぱく)』をもじって『殺生関白(せっしょうかんぱく)』と呼ばれるほどの乱行ぶりだったというが、現在では秀次の存在が邪魔になった秀吉のでっち上げと考えられています。

秀次の死だけでは満足しなかった秀吉は8月2日(9月5日)、復讐の芽を断つかのように、三条河原において秀次の首は晒され、秀次の首が据えられた塚の前で、秀次の遺児(4男1女)及び側室・侍女らおよ39名を処刑します。

瑞泉寺 絵縁起

瑞泉寺 絵縁起

この処刑された側室の中には、戦国一悲運の美女・駒姫東国一の美少女と名高かった最上義光の娘・駒姫も含まれていました。

文禄4年(1595年)、駒姫は秀次の側室になるために京に到着し、最上屋敷で長旅の疲れを癒していたところに秀次の切腹の知らせが。そして駒姫自身も8月2日に他の秀次の側室達と共に処刑される運命にありました。まだ側室になる前だったと言われています。父の義光が必死で助命嘆願に廻り、各方面からも処刑せぬようにと声があがり、秀吉もついにこれを無視できなくなり『鎌倉で尼にするように』と早馬を処刑場に派遣しますが、間に合わず。11番目に処刑されてしまいます。享年15。

娘の死を聞いた母の大崎夫人も、処刑の14日後の8月16日に亡くなっています。娘の跡を追ったのでしょう。義光の憤激と悲嘆も激しく、この悲劇がのちに義光が関ヶ原の戦いで東軍に属する伏線になったとされています。

 

死後を見通せなかった秀吉の誤算とは

秀吉が秀次を死に追いやったことで、豊臣家が滅亡を余儀なくされたという指摘もあります。秀次は享年28歳と若く、豊臣家中では秀吉の後継となれる唯一の成人男子でした。彼が健在なら、秀吉の死後、徳川家康の台頭にも対抗できたはず。秀頼の地位を盤石とするため、秀次ばかりかその一族をも根絶やしにしようとしたのが仇となってしまったのです。

家康は幼少の秀頼だけをターゲットにすればよく、その後の覇道はかなり楽なものになります。

また、秀吉は秀次に近しい大名たちにも同時に罰を与えます。秀吉の死後、彼らは関ヶ原の合戦で徳川方に味方したというから、これも家康にはラッキーでした。我が子可愛さの秀吉の企みは、結果として豊臣家滅亡を早めてしまい、その代償はとんでもなく高くついたといわざるを得ません。

豊臣家存続ではなく、嫡子の秀頼政権存続を優先してしまった秀吉最大の失敗だと思います。

秀吉に代わり天下統一を果たした徳川家康は、秀吉の失敗を目の当たりにして、家康の子を祖とする尾張徳川家・紀州徳川家・水戸徳川家の御三家を作り『将軍に嫡子が産まれない場合は御三家から養子を迎えて将軍にする』という制度を作り上げたのでしょうか。

仕事が暇で空いた時間に日本の歴史の本ばかり読んでいたのですが、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康、この天下を獲った三人は皆非情な部分を持ち合わせています。その中で"非情の代名詞"のような存在が豊臣秀吉だと思います。

世間一般的には織田信長が一番非情な男だと思われがちですが、豊臣秀吉が圧倒的に非情です。

豊臣政権崩壊の発端。関白・豊臣秀次はなぜ秀吉に粛清されたのか!でした。





-歴史
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.