真田幸村 大阪夏の陣で死んだとされた雪村だったが。実は薩摩に逃げ落ちていた!?

投稿日:

大阪冬の陣で徳川家康の本陣を急襲し、歴史好きに絶大な人気を誇る"六文銭"でお馴染みの真田幸村。

コーエー盛り過ぎやと思う笑。

かっこよすぎやと思う笑。

コーエーのお陰で三国志と信長の野望が好きになって、歴史を知ることが出来たけど、これは盛り過ぎやと思う笑。

そんなありがた迷惑な幸村に面白い話があります。

戦国時代、戦で命を落としたはずの武将が、実は落ち延びていたという話が多く存在します。今回はその幸村バージョンを紹介したいと思います。信じるか信じないかはあなた次第です。

焼け跡から発見された身元不明の焼死体

徳川家と豊臣家が衝突を繰り広げた大阪夏の陣。
これにより大阪城は落城、豊臣家は滅亡へと追いやられ、淀君と秀頼の母子は自害、多くの家臣たちも命を落としました。

豊臣方につき、家康にさえもその存在を恐れられていた真田雪村。彼はあと一歩のところまで家康を追いつめるが、負傷した仲間を看病している最中に襲われて命を落としたとされています。しかし、そんな雪村には『薩摩落ち伝説』が存在します。

その根拠は、炎上した大阪城の焼け跡からいくつもの焼死体が発見されたものの、どれも損傷が激しく身元が確認できなかったことに付随します。その直後から、大阪城で死んだのは雪村の影武者で、実は当の本人は大阪夏の陣の後も生き延びていたのではないかという生存説が広まりました。

 

海路を抜けて薩摩へ脱出!?

風説によると、雪村は秀頼を連れて海路で大阪城から薩摩へと脱出したという。現に大阪市の真田山(さなだやま)には抜け穴が存在しており、京都では『花のような秀頼さまを 鬼のような真田が連れて 退きものいたり鹿護島へ』という雪村と秀頼がこの地にやってきたかのような歌が残されています。さらに現在の鹿児島市には秀頼のものとされる墓までもが存在します。

ですが、これだけの証拠が残されていながら夏の陣以降の彼らの行方は依然謎のままとされている。なぜならふたりの最期をこの目で見た者はいないのだから。

しかし、ふたりが逃げ落ちた先とされる薩摩は、のちに長州藩とともに反徳川幕府の動きを見せる。

大阪夏の陣が起こった1615年から約252年後の1867年、徳川15代将軍徳川慶喜は大政奉還を行い徳川政権は終わりを迎えた。これは偶然なのでしょうか,それとも必然だったのでしょうか・・・

 

真田幸村 大阪夏の陣で死んだとされた雪村だったが。実は薩摩に逃げ落ちていた!?でした。





-歴史
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.