大岡忠相 【大岡政談】【大岡越前守】で名高い江戸町奉行。

投稿日:

大岡忠相(おおおか ただすけ)

生:延宝5年(1677年)

没:宝暦元年12月19日(1752年2月3日)

通称・求馬、市十郎。のちの忠右衛門。忠高の子。

能登守・越前守。

 

大岡忠真(おおおかただざね)の養子となる。書院番・御徒頭(おかちがしら)・御使番・御目付を経て、正徳2年(1712)に山田奉行となる。

享保元年(1716)に普請奉行に転じ、翌年に吉宗が8代将軍になると江戸町奉行に抜擢され、越前守となった。

江戸の治安と物価問題に積極的に取り組み、名奉行といわれたが、有名な【大岡政談】は公正な裁判を求める庶民の願望が託された虚像である。

元文元年(1736)寺奉行に昇進。寛延元年(1747)には奏者番(そうじゃばん)を兼ねる。

この折に加増を受けて1万石となり、三河国西大平を領す。

宝暦元年(1751)、病のため寺社奉行・奏者番の辞任申し出をしたが、寺社奉行のみ許された。同年吉宗が没すると、後を追うようにこの世を去った。

享年75歳。

 

忠相は痔の持病があり痔の悪化により公務を欠席した事がある『大岡忠相日記』。

勤務中はいつも髭抜きを使いながら仕事をしていた。

大岡忠相 【大岡政談】【大岡越前守】で名高い江戸町奉行。でした。





-歴史
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.