松平慶永 公武合体政策を推進した政事総裁職。幕末四賢侯の一人。

投稿日:

松平慶永(まつだいら よしなが)

生:文政11年9月2日(1828年10月10日)

没:明治23年(1890年)6月2日

通称・錦之丞。号は春嶽(しゅんがく)。田安斉匡(たやすなりまさ)の子。

越前守・大蔵大輔。

 

英邁な藩主で、幕末四賢侯の一人と謳われている。(福井藩第14代藩主・松平慶永、土佐藩第15代藩主・山内豊信、薩摩藩第11代藩主・島津斉彬、宇和島藩第8代藩主・伊達宗城)

天保9年(1838)、12代将軍・家慶の命で越前国福井藩主・松平斉善(まつだいらなりさわ)の養嗣子となる。

中根雪江・橋本左内の登用、横井小楠(よこいしょうなん)の招聘(しょうへい)を行い、藩財政の建て直しに尽力、また兵制刷新、藩校設立などの藩政改革に努めた。

ペリー来航時は攘夷論(じょういろん)を唱えていたが、安政4年(1857)頃より積極開国論に転じ、将軍継嗣問題では一橋派の中心として活躍。

しかし翌5年、対立する井伊直弼(いいなおすけ)の大老就任により隠居・謹慎の処分をうける。

文久2年(1862)、政事総裁職につき再び幕政に参画し、将軍後見職の一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)と共に公武合体の実現にあたった。

大政奉還後は、朝廷と徳川家との調停役を務める。明治政府では議定(ぎじょう)、ついで民部卿・大蔵卿を歴任した。

明治23年(1890年)に肺水腫のため小石川の自邸で死去。

享年63歳。

辞世:『なき数に よしや入るとも 天翔り 御代をまもらむ すめ國のため』

松平慶永 公武合体政策を推進した政事総裁職。幕末四賢侯の一人。でした。



-歴史
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.