堀田正睦 日米修好通商条約調印に尽力した老中首座。

投稿日:

堀田正睦(ほった まさよし)

生:文化7年8月1日(1810年8月30日)

没:元治元年3月21日(1864年4月26日)

通称・左源治。初名・正篤(まさあつ)。正時の子。

相模守・備中守。

従兄・正愛(まさちか)の続嗣となり、文政8年(1834)に相続して下総国佐倉11万石を領した。

同12年に奏者番(そうじゃばん)、天保5年(1834)に寺社奉行兼帯。

大坂城代を経て、同12年に水野忠邦の推挙で老中となり、天保の改革期の幕政を担った。

のちの上知令の撤回による改革の失敗により老中を罷免され、以後藩政に専念。開明的藩主として蘭学を重視し、【蘭癖(らんぺき)】と綽名(あだな)された。

安政2年(1855)辞任した阿部正弘(あべまさひろ)の要請で、再び老中に就任したが、ペリー来航による対外危機の折、内外からの軋轢の矢面に立たされた。

同5年に大老・井伊直弼(いいなおすけ)が孝明天皇の勅許を得られぬまま日米修好通商条約に調印。

正睦は外交上の責任を問われて再度罷免され、蟄居(ちつきょ)を命ぜられた。

元治元年(1864年)3月21日、正睦は佐倉城三の丸の松山御殿において死去。享年55歳。

堀田正睦 日米修好通商条約調印に尽力した老中首座。でした。



-歴史
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.