鳥居忠耀 妖怪と呼ばれた天保の改革時の町奉行・勘定奉行。

投稿日:

鳥居忠耀(とりい ただてる)

生:寛政8年11月24日(1796年12月22日)

没:明治6年(1873年)10月3日

通称・耀蔵(ようぞう)、胖庵、蝮の耀蔵、妖怪。

大学頭・林述斎(はやしじゅつさい)の子。

甲斐守。

 

鳥居成純(とりいなりずみ)の養子となる。

天保8年(1837)、目付となり、同10年の【蛮社の獄】では、渡辺崋山(わたなべかざん)や高野長英(たかのちょうえい)らを大弾圧した。

同12年、老中・水野忠邦の信頼を得て町奉行に昇進し、同14年には勘定奉行を兼帯(のち兼帯解任)した。

林家出身の故か、洋学者に反感をもち、一貫して弾圧を続けた。

町奉行就任後は天保改革の諸政策に手腕を発揮。渋川六蔵(しぶかわろくぞう)、後藤三右衛門(ごとうさんえもん)とともに【水野の三羽鳥】と称された。

とくに風俗取り締まりのため、市中検察を厳格に実施したため、江戸町民から【妖怪(耀甲斐)】と呼ばれて恐怖と怨嗟(えんさ)の的となった。

同年、水野忠邦が上知令で孤立するや、忠邦から離反。

その後、忠邦の老中復帰とともに罷免。

弘化2年(1845)に讃岐丸亀藩(さぬきまるがめはん)に永預けとなった。

明治5年(1872年)に東京に戻る。江戸時代とは様変わりした状態を慨嘆し『自分の言う通りにしなかったから、こうなったのだ』と憤慨していた。晩年は知人や旧友の家を尋ねて昔話をするような平穏な日々を送り、明治6年(1873年)10月3日、多くの子や孫に看取られながら亡くなった。

享年78歳。

鳥居忠耀 妖怪と呼ばれた天保の改革時の町奉行・勘定奉行。でした。

 



-歴史
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.