堀田正俊 綱吉の【天和の治】を推進した大老。

投稿日:

堀田正俊(ほった まさとし)

生:寛永11年11月12日(1634年12月31日)

没:貞享元年8月28日(1684年10月7日)

通称・久太郎。

備中守(びっちゅうのかみ)・筑前守(ちくぜんのかみ)。

 

曾祖母・春日局の養子となり、寛永18年(1641)に家綱の小姓となった。

春日局没後、その遺領3000石と、父の遺領のうち新墾田1万石を分与された。

万治3年(1660)に奏者番(そうじゃばん)となり、若年寄を経て延宝7年(1679)に老中になる。

同8年、将軍・家綱が没すると、宮将軍擁立を主張する酒井忠清(さかいただきよ)らに反対して家綱の弟・綱吉を擁立、その功により大老となり、下総国古河で13万石を領した。

綱吉を補佐して【天和の治】を行い、大名に対して賞罰厳明を唱え、天領行政の刷新に努めた。

しかし、剛直な性格のため綱吉から次第に敬遠され、貞享元年(1684)に江戸城中で父・正盛に従弟である若年寄・稲葉正休(いなばまさやす)に刺殺された。

理由は正休の私怨といわれているが、綱吉の指示があったのかもしれない。

はっきりとした原因は不明である。享年51歳。





-歴史
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.