以心崇伝 家康ブレーンの臨済宗僧侶。

更新日:

以心崇伝 家康ブレーンの臨済宗僧侶

以心崇伝(いしん すうでん)

生:永禄12年(1569年)

没:寛永10年1月20日(1633年2月28日)

金地院崇伝(こんちいんすうでん)ともいう。

父は足利義輝の家臣・一色秀勝で、字は以心。

諡号(しごう)は円照本光国師。

 

足利氏の滅亡後、南禅寺に入り、玄圃霊三(げんぽれいさん)に師事した。

醍醐の三宝院にも学ぶ。慶長10年(1605)南禅寺住侍として金地院に住み、同寺の復興に力を尽くした。同年13年、家康に招かれ外交文章を扱い、以後、外交事務のほとんどに関与した。同17年からは京都所司代・板倉勝重(いたくらかつしげ)らと寺社行政を扱う。

大坂冬の陣では家康の参謀をつとめ、その発端となった京都・方広寺(ほうこうじ)の鐘銘(しょうめい)事件では『国家家康』の字句を豊臣家が家康を呪うものと指弾するなど暗躍。

また『禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)』の幕府法や『諸寺院法度』などの制定にも参画。

幕政の枢機に参与して【黒衣の宰相】と呼ばれた。享年65歳。

以心崇伝 家康ブレーンの臨済宗僧侶。でした。



-歴史
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.