大久保長安 初期の幕府財政を確立、死後大久保事件勃発。

更新日:

大久保長安

大久保長安(おおくぼ ちょうあん)

生:天文14年(1545年)

没:慶長18年4月25日(1613年6月13日)

通称藤十郎・十兵衛。

石見守(いわみのかみ)

 

能役者・今春喜然(こんぱるきぜん)の子として甲斐国に生まれ、はじめは武田氏に仕えたが、武田氏滅亡後は大久保忠燐の庇護を受け徳川家康に従う。

徳川家康の関東入部後は代官頭となり検地に手腕を発揮。石見検地(大久保縄)は江戸初期の幕府検地の代表的仕法となった。

のちの石見銀山奉行・佐渡金山奉行・伊豆代官を歴任し、木曾の林業開発にも力を注いだ。さらに一里塚や伝馬宿の設置による東海道や中山道の交通制度の確立をはかり、江戸・駿府・名古屋の築城工事にも関わり、資材調達面でも腕をふるった。

大久保長安事件

長安の死後、生前に長安が金山の統轄権を隠れ蓑に金銀隠匿などの不正蓄財、幕府転覆の陰謀発覚などを理由に、長安の7人の男児は全員死罪、縁戚関係にあった諸大名も連座処分で改易となった。

家康より政宗のほうが天下人にふさわしいと考え、政宗の幕府転覆計画に賛同していたと言われている。

背景には忠燐と政敵・本多正信との権力争いがあったとされています。

 

無類の女好きで、側女を70人から80人も抱えていたという逸話がある。

慶長18年(1613年)4月25日、中風のために死去した。享年69歳。

大久保長安 初期の幕府財政を確立、死後大久保事件勃発。でした。





-歴史
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.