【江戸時代年表】超分かりやすい!初代将軍から15代将軍までの出来事データベース。

更新日:

これを見れば江戸時代の全ての出来事が一瞬で分かる!

超分かりやすい江戸時代 年表を作ってみました。

将軍誕生から死去・将軍宣下など、江戸時代に起こった重要な出来事をまとめてみました。

初代将軍・徳川家康から、15代最後の将軍・慶喜までまとめています。

表は歴代将軍ごとに見やすく区切っています。

黄色の背景は将軍宣下。

緑色の背景は将軍誕生。

水色の背景は将軍死去。

スマホで表が切れている場合、横にスクロールしますのでご安心を!

ではご覧ください!

 

家康(いえやす)・初代将軍

和    歴 西暦 主    要    事    項
慶長 8 1603 2 家康(61歳)将軍宣下。征夷大将軍に任ぜられ、江戸幕府を開く。
4 長崎奉行を設置。
8 徳川頼房(家康11男)誕生。
9 松平信吉(家康5男)死去。
11 千姫(秀忠の娘)、豊臣秀頼に嫁ぐ。
9 1604 7 徳川家光(秀忠次男・後の3代目将軍)誕生。

秀忠(ひでただ)・2代将軍

10 1605 4 秀忠(27歳)、将軍宣下。2代目征夷大将軍に。
家康、【大御所】になる。
11 1606 3 大規模な江戸城の築城工事開始(9月竣工)。
5 徳川忠長(秀忠3男)誕生。
12 1607 2 家康、駿府城へ移る。
3 松平忠吉(家康4男)死去。
4 林羅山、将軍の侍講となる。松平秀康(家康次男)死去。家康、徳川義直(家康9男)を尾張に封ずる(尾張藩の成立)。朝鮮通信使はじまる。鍋島騒動(佐賀藩)はじまる。
本多正信、秀忠付の年寄(老中)に。
14 1609 7 金銀貨の交換を【金1両=銀50匁=京銭4貫文=永楽銭1貫文】とする。オランダに通商を許可。
12 家康、徳川頼宣(家康10男)を駿河・遠江2カ国、徳川頼房(家康11男)を水戸に封ずる。(水戸藩の成立)
15 1610 2 家康、松平忠輝(家康6男)を越後高田に封ずる。大久保忠隣、土井利勝、酒井忠世が老中に就任。
16 1611 5 松平正之(秀忠4男・のちの保科正之)誕生。
7 ポルトガルに通商を許可。
17 1612 5 キリシタン岡本大八事件(3月)に連座し、有馬晴信自害。
18 1613 6 諸寺に紫衣勅許制を示達。
8 イギリスに通商を許可(平戸)
12 京・大坂・堺のキリシタンを弾圧。キリシタン禁教令指示。天海、日光山別当となる。
19 1614 1 【大久保長安事件】に連座して、大久保忠燐を改易。
10 大坂冬の陣おこる(12月講和)
元和 1 1615 4 大坂夏の陣おこる。
5 豊臣秀頼、淀殿自害(豊臣家滅亡)
7 武家諸法度、禁中並公家諸法度、諸宗本山諸制度を制定
2 1616 4 家康死去。享年75歳。遺骸を久能山に葬り、のちに日光山に移す。
6 軍役制定(石高による人数と所持武器数)
7 秀忠、松平忠輝(家康6男)を改易
3 1617 2 東照大権現(徳川家康)の神号宣下(4月、日光山に改葬)
3 日光東照宮造営なる。
4 1618 1 大奥法度を制定。江戸吉原が営業開始。
5 1619 6 福島正則を改易(後に紀伊領主朝野長晟が転封)。
7 秀忠、徳川頼宣を紀伊に封ずる(紀伊藩の成立)。
8 伏見城番を廃して大坂城代(大坂町奉行)をおく。
6 1620 1 西国・北国の諸大名に大坂城修築を命じる。
3 米蔵(御蔵)を江戸浅草に建設。
6 秀忠の娘・和子(東福門院)、入内。
11 江戸・神田川を開く。
7 1621 7 日本人の外国船便乗渡航・武器輸出・人身売買を禁止。
8 1622 8 長崎でキリシタン55人処刑(元和の大殉教)
10 本多正純を改易(宇都宮騒動)。外様大名の妻子を江戸に居住させる。

家光(いえみつ)・3代将軍

9 1623 2 松平忠直(松平秀康の長男・家康の孫)を豊後に配流。
7 家光(20歳)、将軍宣下。3代目征夷大将軍に。
11 イギリス、平戸商館を閉鎖し、撤退。
寛永 1 1624 8 徳川忠長(家光の弟)、駿河・遠江国55万石を与えられ、駿府城に移る。
11 酒井忠勝、老中に就任。諸大名の妻子の江戸留置、鹿児島藩主初めて実行。
2 1625 8 家光、鷹司信房の娘・孝子と結婚。
11 天海の願いにより上野忍岡に寛永寺創建(山号は東叡山)。
3 1626 6 秀忠、上洛出立(7月参内)
7 家光、上洛出立・参内(秀忠・家光ともに10月に帰府)
9 秀忠の正室・達子(崇源院)死去。
4 1627 7 緒寺出世の制令を制定。長崎奉行、キリシタン340人を処刑。
6 1629 7 紫衣事件】起こる。
9 武家諸法度の改定。
10 春日局(家光の乳母)、後水尾天皇に拝謁。
9 1632 1 秀忠死去。享年54歳。
5 加藤忠広を改易。
10 柳生宗矩 初代の幕府惣目付(大目付)に。
12 徳川忠長を改易。黒田騒動(福岡藩)おこる。生駒騒動(高松藩)始まる。
10 1633 2 第一次鎖国令。
5 堀田正盛阿部忠秋松平信綱ら老中に就任。
12 徳川忠長、自害。
12 1635 5 第三次鎖国令。日本人の海外渡航・帰国を禁じる。
6 武家諸法度の改定。諸大名の参勤交代を制度化。
14 1637 10 天草・島原の乱(翌年2月に鎮圧)。【生駒騒動】が明るみになる。
15 1638 11 土井利勝、酒井忠勝、大老に就任。阿部重次、老中に就任。
16 1639 7 ポルトガル船の来航禁止。(鎖国完成)
18 1641 8 家綱(家光長男・後の4代目将軍)誕生。
20 1643 3 田畑の永代売買を禁止。
9 大名火消設置。
正保 1 1644 5 綱重(家光3男)誕生。
3 1646 1 綱吉(家光4男)誕生。
3 日光例幣使はじまる。
慶安 2 1649 2 慶安御触書・検地条例制定。

家綱(いえつな)・4代将軍

4 1651 19 家光死去。享年48歳。(堀田正盛、阿部重次ら殉死)。
7 【慶安事件(由比正雪の乱)】おこる。
8 家綱(10歳)、将軍宣下。4代目征夷大将軍に。
承応 1 1652 6 御三家に将軍補佐を命じる。
2 1653 6 酒井忠清、老中に就任。 【佐倉惣五郎騒動】起こる。
明暦 3 1657 1 明暦の大火(振袖火事)。江戸城本丸・二の丸消失。
6 江戸に新吉原遊郭建設。
7 家綱、伏見宮貞清親王の娘・顕子と結婚。
9 稲葉正則、老中に就任。
万治 1 1658 9 定火消設置。町火消設置。
2 1659 8 江戸城本丸御殿、竣工(天守閣は再建せず)
12 江戸両国橋完成。
寛文 1 1661 8 綱重を甲府、綱吉を館林に封ずる。
2 1662 4 綱豊(綱重長男。のちの家宣。後の5代目将軍)誕生。
8 白木屋、江戸日本橋に小間物店を開く。
4 1664 9 家綱、鷹司教平の娘・信子と結婚。
6 1666 1 千姫(秀忠の娘)死去。
3 酒井忠清、大老に就任(【下馬将軍】と呼ばれる)。
8 1668 7 京都町奉行設置。
11 1671 4 伊達騒動(仙台藩)に裁断下る。
延宝 1 1673 6 20石以下の名主、10石以下の百姓の分割相続を禁じる(分地制限令)。
8 三井高利、江戸に呉服店、京都に仕入れ店開業。
6 1678 9 綱重死去。綱豊、父・綱重の遺領を相続。
7 1679 7 堀田正俊、老中に就任。越後騒動(越後高田藩)おこる。

綱吉(つなよし)・5代将軍

8   1680   5 綱吉を家綱の継嗣とし、綱吉の子・徳松を館林藩主とする。
家綱死去。享年40歳。
8 綱吉(35歳)、将軍宣下。5代目征夷大将軍に。
12 酒井忠清、大老を罷免される。
天和 1  1681  6 松平光長を改易。
12 堀田正俊、大老に就任。牧野成貞、側用人となる。
2  1682  6 勘定吟味役をおく。
12 江戸に大火(八百屋お七火事)。
貞享 1  1684  8 若年寄・稲葉正休、江戸城中で大老・堀田正俊を刺殺。
10 吉宗(紀伊光貞3男。のちの8代目将軍)誕生。
4 1687 1 生類憐みの令 制定。
元禄 1 1688 11 柳沢吉保、側用人となる。
4 1691 1 林信篤(鳳岡)、大学頭に叙任。
7 1694 12 側用人・柳沢吉保、老中格となる。江戸に十組問屋仲間がつくられる。
8 1695 8 貨幣の新鋳・改鋳はじまる(元禄金銀)。
9 1696 4 萩原重秀、勘定奉行となり、柳沢吉保とともに通貨改鋳などの経済政策を行う。
14 1701 3 【松の廊下の刀傷事件】起こる。浅野内匠頭切腹。
15 1702 12 大石良雄ら赤穂浪士、吉良義央を討つ(翌年2月切腹)
宝永 1 1704 12 綱吉、甥の甲府城主綱豊を養嗣子とし、家宣と改名させる。
3 1706 1 間部詮房、家宣付きの御用人となる。
11 吉宗、伏見宮貞致親王の娘・理子と結婚。
4 1707 2 護持院隆光、隠退。
11 富士山大噴火。

家宣(いえのぶ)・6代将軍

6 1709 1 綱吉死去。享年64歳。生類憐みに令廃止。
4 間部詮房、老中に就任。
5 家宣(48歳)、将軍宣下。6代目征夷大将軍に。
新井白石、登用される。
6 柳沢吉保、隠退。
7 家継(家宣4男。のちの7代目将軍)誕生。
正徳 1 1711 3 室鳩巣、幕府の儒官となる。
12 家重(吉宗長男・のちの9代目将軍)誕生。
2 1712 9 萩原重秀、勘定奉行を罷免される。
10 家宣死去。享年51歳。

家継(いえつぐ)・7代将軍

3 1713 4 家継(5歳)、将軍宣下。7代目征夷大将軍に。
4 1714 3 絵島・生島事件。
5 1715 1 長崎貿易を制限(正徳新令)。
11 徳川宗武(吉宗次男)誕生。

吉宗(よしむね)・8代将軍

享保 1 1716 4 家継死去。享年8歳。
5 吉宗、間部詮房・新井白石らを罷免。
8 吉宗(33歳)、将軍宣下。8代目征夷大将軍に。
2 1717 2 大岡忠相、江戸南町奉行に就任。
9 水野忠之、老中に就任。
4 1719 11 相対済し令 交付(【享保の改革】はじまる)。
5 1720 8 江戸町火消し【いろは四十七組】を設置。
6  1721  7 徳川宗尹(吉宗4男)誕生。
8 評定所前に目安箱を設置。
7 1722 7 【上米の制】を制定し、諸大名の参勤交代を緩和する。
8  1723  4 松平乗邑、老中に就任。
6 【足高の制】制定。
14 1729 4 天一坊事件。
15  1730  4 【上米の制】を停止し、参勤交代を旧に復すと令す。
11 徳川宗春、尾張藩主になる。御三卿・田安家創立。
16 1731 12 家重、伏見宮邦永親王の娘・増子と結婚。
17 1732 5 吉宗、尾張藩主・徳川宗春の奢侈を譴責(けんせき)する。
元文 2 1737 5 徳川家治(家重長男・後の10代将軍)誕生。
5 1740 11 御三卿・一橋家創立。
寛保 2 1742 4 【御定書百箇条】(公事方御定書)制定。
延享 1 1744 2 徳川重好(家重次男)誕生。

家重(いえしげ)・9代将軍

2 1745 9 吉宗、将軍を辞職。
10 松平乗邑、老中を罷免される。
11 家重(35歳)、将軍宣下。9代目征夷大将軍に。
【加賀騒動】(加賀藩)始まる。
4 1747 9 松平武元、老中に就任。
宝歴 1 1751 6 吉宗死去。享年68歳。
4 1754 12 家治、閑院宮直仁親王の娘・倫子と結婚。
6 1756 5 若年寄・大岡忠光、御用人となる。
8 1758 7 宝歴事件
9 田沼意次に加増、評定所に出座。
12 御三卿・清水家創立。

家治(いえはる)・10代将軍

10 1760 9 家治(24歳)、将軍宣下。10代目征夷対大将軍に。
12 井上正経、老中に就任。
11 1761 6 家重死去。享年51歳。
明和 4 1767 7 側衆・田沼意次、御用人となる。
8 明和事件。
安永 1 1772 1 田沼意次、老中に就任。
2 江戸に大火(目黒行人坂火事)。
2 1773 10 家斉(一橋治斉長男)誕生。
天明 3 1783 7 浅間山大噴火。
10 松平定信、白河藩主となる。
11 田沼意知、若年寄となる。【天明の大飢饉】始まる。(~天明7年)
4 1784 3 佐野正言、江戸城中にて田沼意知を刺殺。
11 井伊直幸、大老に就任。
5 1785 1 水野忠友、老中に就任。
6 1786 8 老中・田沼意次ら失脚。
9 家治死去。享年50歳。

家斉(いえなり)・11代将軍

7 1787 4 家斉(15歳)、将軍宣下。11代征夷大将軍に。
5 全国的に打ちこわしが起こる。
6 松平定信、老中に就任。【寛政の改革】始まる。
8 1788 3 老中・松平定信、将軍補佐となる。
4 松平信明、老中に就任。
7 田沼意次死去。
寛政 1 1789 2 家斉、島津重豪の娘・定子と結婚。
9 旗本・御家人救済のための【棄捐令】を出す。
5 1793 5 家慶(家斉次男・のちの12代将軍)誕生。
7 松平定信、老中を罷免される。
文化 2  1805  2 め組の喧嘩。
6 関東取締出役(八州廻り)設置。
6 1809 12 家慶、有栖川宮織仁親王の娘・喬子と結婚。
文政 1 1818 8 水野忠成、老中に就任。江戸朱引の範囲を決め、御府内とする。
7 1824 4 家定(家慶4男・のちの13代将軍)誕生。
【お由羅騒動】(薩摩藩)始まる。
8 1825 2 異国船打払令を出す。
11 1828 10 シーボルト事件
天保 5 1834 3 水野忠邦、老中に就任。
8 堀田正睦、寺社奉行に就任。

家慶(いえよし)・12代将軍

8 1837 2 【大塩平八郎の乱】
6 モリソン号事件。
7 脇坂安董、老中に就任。
9 家慶(45歳)、将軍宣下。12代征夷大将軍に。 
慶喜(水戸・徳川斉昭7男、後の15代将軍)誕生。
10 1839 5 【蛮社の獄】始まる。(目付・鳥居燿蔵、尚歯会の渡辺崋山・高野長英らを逮捕)
12 土井利位、老中に就任。
12 1841 1 家斉死去。享年69歳。
5 水野忠邦を中心に【天保の改革】始まる。
6 水戸藩主・徳川斉昭、幕府に意見書提出。
12 鳥居耀蔵、南町奉行に就任。
13 1842 6 幕府、洋書の翻訳は町奉行の許可を必要とする旨を布令。
7 異国船打払令を改め、薪水食料を給与して帰国させるように布令【薪水給付令】
14 1843 8 鳥居耀蔵、勘定奉行に就任。
9 水野忠邦、【上知令】を発布。阿部正弘、老中に就任。上知令を撤回。水野忠邦、老中を罷免される。
10 鳥居耀蔵、勘定奉行を罷免され、南町奉行に復す。
弘化 1 1844 5 徳川斉昭、謹慎を命じられる。
6 水野忠邦、老中に再任。
9 鳥居耀蔵、南町奉行を罷免される。
2 1845 2 水野忠邦、老中を再び罷免される。
9 水野忠邦、削封され蟄居。
3 1846 5 家茂(紀伊・徳川斉順長男)誕生。

家定(いえさだ)・13代将軍

喜永 6 1853 6 アメリカ東インド艦隊司令長官ペリー、浦賀に来航し、幕府に国書を渡す。
家慶死去。享年61歳。
7 阿部政弘、諸大名に意見を求める。プチャーチン、長崎に来航。
10 家定(30歳)、将軍宣下。13代征夷大将軍に。
安政 1 1854 1 ペリー、再来航。
3 米和親条約調印。
2 1855 10 堀田正睦、外国掛老中に就任。
4 1857 6 阿部正弘病死。
10 ハリス、江戸城登城。
12 日米条約改定交渉が始まる。

家茂(いえもち)・14代将軍

5 1858 4 井伊直弼、大老に就任。
6 日米修好通商条約調印。
8 家定死去。享年35歳。
9 安政の大獄始まる。
10 家茂(13歳)、将軍宣下。14代征夷大将軍に。
万延 1 1860 1 勝海舟ら咸臨丸にて渡米。
3 桜田門外の変(井伊直弼死去)。
文久 2 1862 1 坂下門外の変(老中安藤信正負傷)
2 家茂、仁孝天皇の第8皇女・和宮と結婚。
3 板倉勝静、老中に就任。
4 安藤信正、老中を罷免される。
7 松永慶永、政事総裁職に就任。
8 生麦事件。松平容保、京都守護職に任命される。
3 1863 3 家茂上洛。
5 長州藩、下関で米船を砲撃。
7 薩英戦争。
8 八月十八日の政変。
元治 1 1864 6 池田屋騒動。
7 禁門の変(蛤御門の変)
8 第一次長州征伐始まる。四国連合艦隊、下関砲台を攻撃。

慶喜(よしのぶ)・15代将軍

慶応 2 1866 1 薩長同盟成立。
6 第二次長州征伐始まる。
7 家茂死去。享年21歳。
12 慶喜(30歳)、将軍宣下。15代征夷大将軍に。
そして徳川幕府最後の将軍に。孝明天皇薨去。
3 1867 1 明治天皇即位。
6 坂本竜馬、後藤象二郎に【船中八策】を示す。
10 土佐藩、幕府に【大政奉還】を建白。慶喜、大政奉還。薩長に討幕の密勅下る。
12 朝廷、【王政復古の大号令】。慶喜、将軍職を辞任。

『大事なことが抜けてる!』『間違えてる!』と気づいた方は是非ご連絡ください!

江戸時代年表・初代将軍から15代将軍までの出来事をまとめてみました。でした。





-歴史
-

Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.