大航海時代 西欧諸国が大海原へ繰り出した理由とその真実は。

更新日:

冒険家たちが新大陸発見に命をかけた。

教科書に載っている大航海時代はそんなクリーンで勇敢なイメージを与える内容でした。

しかし、実際の大航海時代の真実とは、なぜ西欧諸国が大海原へ繰り出したのか。

そこでは教科書に載せることのできない強烈な真実がありました。ではどうぞ…。

 

大航海時代を誘発した東洋の優越性

15世紀のヨーロッパでは、『東洋にはまったく歯が立たない。しかも東洋からはモンゴルやイスラム勢力が迫っており、東への道は閉ざされている。このままではなすすべなく征服されてしまう』という危機感が広がり、ヨーロッパの人たちは海洋に新天地を求め、海に向かって動き始めます。大航海時代の幕開けです。

ヨーロッパ人の大航海時代の直接の引き金となった要因が2つあります。

1つはモンゴル軍の西欧遠征と共にもたらされた黒死病(ペスト)です。14世紀半ば、ヨーロッパで猛威をふるい人口の3分の1、約3000万人の命を奪い、ヨーロッパの人々を恐怖のどん底に突き落とします。この黒死病(ペスト)に最も効くと信じられたのが“胡椒”をはじめとする香辛料でした。

胡椒の産地はヨーロッパからはるか遠い東南アジアで、アラビアの承認が独占的に取り扱っていて、遠くから海を越え、砂漠を越えて運ばれてくる香辛料は非常に高価でした。窓を閉めて胡椒の粒を数えたと言われているほどです。金と胡椒が同重量で交換された時代もあったようです。黒死病の大流行によりただでさえ高かった胡椒の値段は急騰。西洋の商人や王たちは、香辛料の産地である東南アジアに達する新航路を開拓し、直に取引したいと願っていました。

 

もう1つはマルコ・ポーロの『東方見聞録』です。これに記された“黄金の国 ジパング”はヨーロッパの人々のロマンと夢を掻き立てました。

折しも西洋では技術の発展が著しく進んでいました。ルネッサンスの科学的精神が生まれ、火薬・羅針盤・活版印刷などに代表される技術革新が興りました。活版印刷の普及は、『東方見聞録』や東方貿易で得た知識を広め、羅針盤の発明は航海を容易にし、火薬は異民族と戦うための強力な武器をもたらしました。大航海への要件が期せずして揃ったのです。

 

マゼランは海賊。

最初に大海原へと乗り出したのはスペインとポルトガルでした。イタリアに生まれたコロンブスは、スペインのイサベル女王の援助を受け、1492年にサンタマリア号以下3隻の船で東洋へと旅立ちます。

そしてコロンブスはアメリカ大陸に到着します。ここをコロンブスはインドと勘違いして、先住民を“インディアン”、カリブ海の島々を“西インド諸島”と名付けたことは有名です。

コロンブスの新大陸発見のための航海。実は最初から収略が目的でした。コロンブスはスペインのフェルナンド国王との間で、『新たな地域を発見し、冨と資源をスペインにもたらせば、その10分の1を取得できる』という契約を交わしていました。この航海ではコロンブスが憧れた金銀財宝はありませんでしたが、彼は珍しい動植物とともに、快く迎え入れてくれた先住民を容赦なく奴隷とし、国に連れて帰ります。

これを皮切りに、スペインの中南米での強奪が始まります。コロンブスの航海後間もなく、西インド諸島を征服、1521年にコルテスがメキシコのアステカ帝国を滅ぼし、1532年にはピサロがペルーのインカ帝国を征服します。

征服に次ぐ征服で、16世紀前半にはスペインは広大な海洋帝国を形成し、ヨーロッパ最強の国になります。

スペインが西航路で東方を目指していた頃、ポルトガルは東航路で東方を目指していました。ポルトガルは多くの探検家をアフリカ大陸に派遣しており、喜望峰を回る東への航路の開拓に熱心で、1498年、ヴァスコ・ダ・ガマが喜望峰を回って、インドの西岸、カリカットに到着し、インド洋貿易の道を開きます。これを足掛かりに、ポルトガルはさらに東進し、1511年、マレー半島の南端のマラッカ王国を占領。ここを東洋貿易の拠点とします。そして東シナ海に出て北上し、1557年にシナのマカオを占領します。

東アジア貿易の交易国家として栄えていたマラッカ王国を手中にしたことで、ポルトガルは東南アジアの香辛料を手に入れることに成功し、莫大な利益を獲得しました。

西洋人の夢だった香辛料の先陣争いに一歩後れをとったスペインは、ポルトガル人のマゼランを援助し、西回りの航路の発見を命じ、巻き返しを図ろうとします。

マゼランは南アフリカから太平洋を横断し、サイパン、テニアン、グァムといった島々で海賊行為を続けながら、1521年にフィリピンのセブ島に到着します。上陸したマゼラン隊は、当時の流儀に則り、島に十字架とスペイン王室の標識を立て、スペイン領の宣言をしますが、先住民との戦いで毒矢に当り死んでしまいます。マゼラン船隊は隊長を失いますが、フィリピンを離れ、念願のスパイスの島、モルッカ諸島に到着します。そこでスパイスを手に入れ、さらに西へ進み、世界一周を成し遂げてスペインに帰りつきます。

マゼランは歴史の教科書では、世界一周を達成し、地球が丸いことを証明した偉大な探検家のように書かれていますが、スペインの侵略・植民地化の手先に過ぎません。

スペインはその後、マゼランが発見したということを根拠に、1571年にセブ島・ルソン島などを領土とし、スペイン国王フィリペ二世の名にちなんで“フィリピン”と命名し、その後330年もの間、植民地支配をつづけました。

植民地化を争うスペインとポルトガルは、次第にアジアを巡って衝突を始めます。調停に乗り出したのは教皇アレクサンドル六世でした。教皇は教書を出して進出区域を分けます。この時決められた協定を『トルデシリャス条約』といい、アフリカ西岸のヴェルデ岬諸島の西方、西経45度を境に西はスペイン、東はポルトガルの進出区域としました。線を1本引いただけでは争いは収まらず、さらに1529年に、両国はサラゴサ協定を結び、東経135度にもう一本分界線を引きました。このアジアの分異線は、日本列島をまっぷたつに割る格好で引かれています。

人口約500万人のスペインと、人口100万人足らずのポルトガルが、何十倍もある有色人種の地域を次々と植民地化し、地球を2分割して支配しようと野望を膨らませていたのです。

 

両国に深く関わるキリスト教

スペイン・ポルトガルの世界2分割征服の裏には、キリスト教が深く関与していました。

スペインの中南米の征服は残虐極まりない手口で進められました。先住民たちは、皆殺しにされるか、奴隷にされるかで、女子供にも容赦ありませんでした。

スペイン人は上陸すると、まず黄金を要求します。それにインディオたちが答えても、要求はエスカレートし、耐えかねたインディオたちが反乱を起こすと、待ってましたとばかりに馬にまたがり、剣や槍で殺戮の限りをつくします。女性たちも強姦されて殺戮されました。先住民の部族を全員小屋に押し込め、火を放って焼き殺したり、黄金のありかを教えないと生きたまま足を火であぶるなど、書き記すのも憚られる拷問や殺戮の限りをつくしました。

征服後もとどまることを知らず、連れていた犬が腹を空かせていたので、先住民の母親が抱いていた乳飲み子を取り上げて、生きたまま犬に食わせたり、捕虜になった母親が抱いていた赤ん坊が泣きだすと、赤ん坊をつかんで岩に投げつけて殺したなどといった凄惨な話が残っています。

ある部族の長が火あぶりにされる前に、スペイン人に尋ねました。

『スペイン人は天国と地獄、どちらに行くのだ』と

『神の良き僕であるわれわれはもちろん天国だ』と返します。

部族長は

『それなら地獄に行かせてくれ。もう二度とキリスト教徒には会いたくないから』と言ったそうです。

ヨーロッパが侵略してから一世紀足らずの間に、南北アメリカ大陸では多くて1億人、少なく見積もっても4000万人の先住民が消滅しました。この数字の中には、伝染病による死者も含まれていますが、それにしても夥しい数の犠牲者です。カリブ海に浮かぶ西インド諸島では、約1200万人のインディオが惨殺されました。白人は新大陸の膨大な冨も略奪しました。1660年までにヨーロッパに持ち去られた金は、判明しているだけで181トン、銀も1万7000トンです。独自の文化を築き、平和に暮らしていた人々を根絶やしにし、金銀財宝を根こそぎ略奪。

さらにスペインは、生き残った先住民をプランテーション(植民地農園)で強制労働させ、砂糖の収穫で大儲けしました。当時の砂糖は西欧では貴重品で、食料であり、医薬品でもあり、保存料としても珍重されていました。砂糖は【白い黄金】であり、最高の贅沢品でした。

スペインのアメリカ大陸での犯罪は、人類史上最大の汚点です。

 

イエズス会の目的は民族の殺戮

ポルトガルのアジア侵略の魔の手は、日本にも忍び寄っていました。1543年、マカオのポルトガル船が台風に遭遇し、種子島に漂着、そして鉄砲を伝えます。これがポルトガルの東洋侵略に日本が最初に触れた出来事でした。その6年後にフランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸します。

ヨーロッパでは100年にわたるカトリックとプロテスタントの宗教戦争が始まる中、1534年にイエズス会が創立され、ローマ法王によって公認されした。

このイエズス会の創立者がフランシスコ・ザビエルとイグナティウス・デ・ロヨラの2人です。No.1がロヨラで、No.2がザビエルです。

イエズス会はローマ法王庁から公式に許可を与えられると、ロヨラがヨーロッパ・アフリカ・アメリカ大陸を、ザビエルがアジア大陸をそれぞれ管轄することに決まります。ザビエルはアジア全域へのキリスト教の布教という大任を帯びて、インドからジャワへ、そして日本に辿り着きました。

【キリスト教の布教】が名目ですが、ロヨラもザビエルも一介の修道士ではありませんでした。ザビエルはインド以東の地におけるローマ法王の代理という重い権限を与えられており、しかもイエズス会はローマ教法の中でも戦闘派とされており、その真の目的は【異教、異端の国々の抹殺、民族の抹殺】でした。

ローマ法王の侵略の手先がイエズス会であり、アジア侵略の密命を帯びて来日したのがザビエルだったのです。事実、教会には鉄砲や弾丸が貯蔵されていました。

 

豊臣秀吉のバテレン追放令

この魂胆をいち早く見抜いたのは豊臣秀吉でした。秀吉はキリスト教が一向宗のように武装して権利を求めない限り、布教を容認する方針でしたが、1587年に島津氏を討伐するために九州を訪れてから考えが一変します。

長崎が教会領となり、そこで寺院がキリスト教徒によって焼き打ちされた事実を知ったからです。宣教師の衣の下に鉄砲を見た秀吉は『バテレン(神父)追放令』を発し、小西行長や高山右近などのキリシタン大名にキリスト教を棄てるように迫りました。しかし秀吉は、貿易による利益と海外情報の窓口は失いたくなかったので、南蛮の商人たちの来航は認めました。ですからキリスト教の禁止は徹底していませんでした。

 

徳川幕府の鎖国の本当の狙い

秀吉のバテレン追放という対応策が正しいかったことがはっきりと判明したのが徳川幕府の時代になってからです。徳川家康も秀吉と同じく、キリスト教に危険な臭いを嗅ぎ取り、宣教師やキリスト教を厳しく弾圧しました。しかし、秀吉同様、貿易には熱心で、徳川幕府初期には御朱印船を奨励しました。

16世紀末より、大名や大商人が盛んに東南アジア方面に船を出して貿易を始めました。幕府は日本の信用を高めるために1604年に国として認めた船の証として御朱印状を発行しました。このお墨付きを貰った船が御朱印船で、約30年の間に350隻が御朱印船として東南アジアとの交易をおこないました。日本でも大航海時代が始まり、日本から台湾・マカオ・シャム(タイ)・など東南アジア各地に渡り、現地で日本との貿易に関わる日本人が一挙に増えました。西洋と日本の大航海時代の違いは、日本は純粋な貿易のみで侵略の意図が全くなかったところです。

しかし、日本の大航海時代は長続きしませんでした。17世紀はじめに幕府は渡航したオランダやイギリスとの貿易を、平戸の商館に限り許可します。この両国に貿易を許可した理由はキリスト教の布教には関心がなく、貿易の利益のみを求めていると判断したためです。幕府は彼らの情報によって、スペインやポルトガルがキリスト教を広め、そして日本の征服を企んでいるとの確かな情報を得ます。そこで幕府はスペイン船の来航を禁止し、日本船にも制限を加え始め、1635年に日本人の渡航・帰国の全面禁止に踏み切りました。

 

この2年後に起きたのが“島原の乱”です。1637年、キリシタンが天草四朗を首領として、大規模な反乱を九州の島原半島で起こします。

翌年幕府は鎮圧に成功しますが、これを契機にキリスト教の取り締まりを一層強化し、キリシタンかどうかを判定する宗門改めを行いました。これがいわゆる“踏み絵”です。

幕府が最も恐れていた、日本内部からのキリスト教の侵略が具現化してしまったわけです。

さらに幕府は海外からのキリスト教の流入を完全に防ぐために、オランダ人の商館も出島に移し、統制を強化しました。海外との交流窓口を出島に絞り、キリスト教の侵略を防ぐ。これが徳川幕府の鎖国政策の意図でした。

ただし、徳川幕府に国を閉鎖するという意志はありませんでした。あくまでもキリスト教の流入防止が目的であって、貿易と海外情報の収集は維持したいと考えていました。西洋の侵略の魔の手から日本を守るためには情報収集は欠かせないからです。鎖国という言葉も、当時は存在しませんでした。後世の人々がそれを鎖国と呼んだだけです。

 

現代でも続く植民地支配

この、西欧諸国(白色人種)による有色人種の国の植民地化は、現代社会でも経済征服という形で続いています。そして第二次世界大戦での日本の降伏は、白色人種が数百年前に目指した”黄金の国 ジパング”すなわち日本の征服という悲願の達成でもありました。覇者はアメリカでした。現在の日本は間違いなくアメリカの属国です。金(ゴールド)の要求は形を変え、金(マネー)の要求に変わりました。そして日本人が持っていた”愛国心”や”大和魂”は、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の政策により、たった数十年で消え去りました。

これでいいのか日本。現代まで続く大航海時代。それは白色人種による有色人種の支配。そんな残念な真実でした。

大航海時代 大海原へ繰り出した理由とその真実は。でした。



-歴史
-, ,

Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.