山と映画を愛する男の『趣味』と『実益』を兼ねたブログです。

そこに山と金があるから

第53回 全大阪幼少年美術展で娘が佳作賞を受賞! 全大阪幼少年美術展とは??

更新日:


娘が第53回全大阪幼少年美術展に出品した作品で『佳作』賞を受賞しました。

全大阪幼少年美術展て何?初めて聞いたんですが…

全大阪幼少年美術展とは

主 催
全大阪幼少年美術振興会

後 援
大阪府   大阪市   堺 市
大阪府教育委員会   大阪市教育委員会   堺市教育委員会
大阪教育大学   大阪芸術大学   NHK大阪放送局
毎日新聞社   産経新聞社   読売新聞大阪本社

趣旨
全大阪幼少年美術展は、昭和39年に始まり、本年度で第53回目を迎えます。保育所(園)・幼稚園・小学校・中学校から作品を募る総合的な美術展で、
個人部門と学級部門があり、毎年、約13万点もの作品応募をいただく全国的に見ても歴史のある展覧会です。
個人部門は、幼児・児童・生徒のすぐれた感性や創作能力を、
学級部門は、研究的な実践を奨励することを目指しています。とのこと。

 

優秀な作品には、全大阪幼少年美術展賞・特選・佳作・努力賞を贈ります。
全大阪幼少年美術展賞・特選は、展覧会で展示します。

美術展賞・特選・佳作・努力・落選があるようで、一つの学校から60人程の作品を出展するようです。

初めて聞いた名前でしたが、歴史のある大きな美術展の様です。入賞者は小学校でも表彰されるみたいです。

第52回、去年のデータを見てみましょう!

娘は小学生なので、小学生の応募人数は94,870人。それぞれの賞の割合は、

美術展賞 1/5270
特選 1/131
佳作 1/55
努力賞 1/15

美術展賞と特選賞は凄いですね。娘はもちろん褒めてあげましたが、正直娘の佳作は微妙です。

 

私が住む堺市が昭和26年から独自に発行している児童機関誌『はとぶえ』
詩・綴り方・図画・習字の4つの部門があり、学年ごとに各学校から応募された作品が十数点ずつ入選し、掲載されます。
次点として佳作といって氏名だけ掲載されるものもあります。

うちの娘、この『はとぶえ』に図画で4回入選で掲載、1回佳作で名前が掲載されてます。

私の住む地域の情報誌『泉北コミュニティー』にも娘の絵が表紙に掲載されたことがあります。

 

娘は絵を書くことが大好きで、その大好きな絵で賞が貰えることは素晴らしいことです。
好きなだけ画用紙買ってあげて、色鉛筆も種類の多いやつを用意して、絵の才能を少しでも伸ばしてあげれる環境を作りました。

これだけ入って500円程度です!安いです。

 

 

…だから娘の全大阪幼少年美術展の佳作賞、納得できねぇ!!

小学1年生の全大阪幼少年美術展賞の作品見たけど、娘の方がどう考えても上手いし……まぁ、娘は模写がかなり上手いが、多分こういう審査は『感性』が大事な気がします。知らんけど笑
次は頑張って特選、いや!全大阪幼少年美術展賞を狙おう!頑張れRちゃん!!

 



-日記
-

Copyright© そこに山と金があるから , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.