山と映画を愛する男の『趣味』と『実益』を兼ねたブログです。

そこに山と金があるから

我が家に警視庁24時でお馴染みの『車当たり捜査』がやってきた笑

更新日:


火曜日、仕事が終わって家に帰ると、管轄の警察署から封筒が届いてました。
俺何かした??と思いつつ封を開けると、中には

『お願い状』

お願い状?
記載されていた番号に電話をかけてみると、
『担当の刑事が不在なので折り返しご連絡しますが、火曜日にMAKOさんが住む市で当て逃げがあって被害者の方は重体。加害車両は車種とナンバーと地名しか分からなかった。だから車種とナンバーと地名が一致する車両の持ち主全員に連絡させてもらってます』
とのこと。

赤〇の部分は分かったけど、黒?の部分は分からなかった。ということ。

お願い状が入っていた封筒、よく見ると切手が貼って無かったです。
要は刑事さんが家まで該当車両を確かめに来てたんですね。

TV番組『警察24時』などでよく見る、ひき逃げ捜査で現場の遺留品などを頼りに特定した車種や色などを元に、刑事さんが該当する車種を 一台ずつ調べていく『車当たり捜査』でというやつでした。
私は車で仕事場に行くので不在だったのでお願い状置いて帰ったみたいです。

先に言っときますが、

俺じゃねぇよ笑

平日の朝は絶対に通らない道での事故ですが、何故か自分の車に傷無いか確かめました。

傷は無かった。(´▽`) ホッ

って俺じゃねえから傷はねえよ笑

 

で担当の刑事さんから折り返し連絡が来るらしく、何時なら連絡を取りやすいか聞かれたので、都合の良い時間を教えて連絡来るの待ってるんですがまだ連絡無いです。
まさかとは思うけど、犯人見つかったら私への連絡はほったらかし!?
目の前で『車当たり捜査』見れると思ってワクワクしたたのに…

警察もちゃんと仕事してるんだ!と感心してたことだけど、ほったらかしなら株下がりまくりだな~。

そういう時は『もしまた何かあったときは連絡させてもらいます』でいいと思うんだけど。

『折り返し連絡します』は必ず連絡しますとも取れると思うんだけど。

どんな職業でも、やっぱり『質のムラ』ってあるんだなとつくづく思います。
担当じゃない刑事さんから結構詳しい状況の話聞けたんだけど、誰が犯人か分からない状況で、犯人かもしれない相手に、事故現場と事故の起こった時間、状況などをベラベラ話していいものなのかとふと思った。
それって逃げる隙を与えているのと同じだと思うんだけど。

 

とりあえず犯行車両見つかったのなら、巻き込んだ私にも連絡位は欲しいな~。
それが必要最低限の礼儀だと思うんだけど。

 

こんな田舎に私と同じゾロ目のナンバーを付けたハリアーが、他にも数台いることが一番の驚きでした。



-日記
-, ,

Copyright© そこに山と金があるから , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.