山と映画を愛する男の『趣味』と『実益』を兼ねたブログです。

そこに山と金があるから

岸和田で釣りをして、今まで見たことない位の特大のボラが掛かった話。

投稿日:


2017年9月24日(日)、友人から釣りのお誘いがあったので、いつもの岸和田の釣り場へ。

娘も誘ったのですが、『暑いから行きたくない…』との返事が。

8歳の子供が、涼しくなりかけの時期に、暑いから外に出たくないとか、信じられない返事だった。

なんか、そういうところが嫁にソックリで、軽くイライラする笑。

 

で仕方ないからおっさん2人で釣りへ。

いつもの岸和田の釣り場とは、岸和田カンカンベイサイドモールの裏の海。

 

 

朝9時からスタート!

…。

……。

………。

何も釣れない。

今日はヤバいくらい何もいなかった。

餌だけ食われるという行為すら無かった。

餌すら取られない=何もいないということ。

まあ、釣りへ行く=絶対釣れる、訳ではないので仕方ないのですが、ホントに何にも無かった…。

 

時間もお昼を回ったので、今日はもう終わりにしようと話していたとき、小魚釣り用のサビキの浮きが凄い勢いで沖へ走っていった。

『うおっっ!来たっっ!』

とリールを巻くと、海面に見たことない位大きな魚影が見えた。

小さなイワシかアジが釣れたと思っていたので、正直焦った。ビビった。

 

その魚は体長40㎝はある『ボラ』だった。

 

そして釣りあげようとした瞬間、逃げちゃった…。

 

まあ、40㎝はあるボラに、10㎝位の魚を釣る用の小さな針だったので、すぐに外れてしまったようです。

 

あれは釣り上げたかったな~。

 

残念。

 

そしてそのまま釣りは終了。

 

結果!

 

ボウズ(全く釣れず)

 

釣れてないのにブログに書くんじゃねえ!

すいません。

日記ですm(__)m

 



-日記
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.