危険な棘毒魚 ハオコゼに刺された時の正しい対処法と応急処置の方法!

更新日:


7月30日、天気も良いし暇だったので娘と2人で貝塚へ釣りへ!

場所はここ!

ジェットスキーが出来る場所です。そしてトイレ・自動販売機・売店のある素晴らしい場所。家族連れでも安心して釣りが出来ます。残念ながらガンガン魚が釣れる場所ではありません。ただ、他の釣り人が殆どいないので釣りをしやすい場所ではあります。

 

途中コンビニで

『月見そば』『からあげ君』『おにぎり』『ドリンク』『お菓子』を購入していざ釣り場へ!

 

着いてすぐ、娘が『パパ!亀が泳いでる!』と叫びました。

『マジか!?』と虫捕りアミを持って娘の傍に駆け寄ると本当に亀が泳いでいました。

…ん。亀だけど何か違う。よく見ると手と足の形状が違う。完全に形状はガメラ。

『ウミガメ』ではなく『ミドリガメ』でした笑

小さくて可愛い!亀はずっとこの大きさなら飼いたいのですが、成長すると全長40cmほどに成長するので飼う場所に困りますよね。

なぜ海にミドリガメがいるのか疑問に思い調べてみるとミドリガメはとても環境に適応する能力が高く、汽水程度の塩分濃度なら生存可能とのこと。近くに川があるのでそこから流れてきたみたいです。しかし海でミドリガメを見るなんて結構衝撃的でした。

そして釣り竿をセットして、娘とカニを探してウロウロしたり、まったりと親子の時間を楽しんで、        『お昼ご飯食べようか!』とコンビニの袋を開けると、

なんと『割りばし』『からあげ君』が入っていないという…。

どうやって月見そば食うんだよ…。

『今日はなんかツイてないな・・・』と思っていた矢先、ツイていない日を象徴する魚が釣れました…。

 

『うわっ!何こいつ!グロイ!』

 

凄く攻撃的な形をしています。オコゼにしては小さいけど、『触れたらヤバい魚』というのは直感的に感じました。

その場で調べてみるとやはり触ってはいけない危険な棘毒魚『ハオコゼ』でした。

大きくても10cm前後と小型の種類。もちろん毒あり。
オコゼは、共通して、背びれに12~13個、腹びれ、尻びれには5個の毒棘(どくきょく)を持っています。一般的にコイツらの毒は蛋白毒。タマゴに熱をかけると固まる様に、蛋白質は熱を与えると変性します。蛋白毒も同じように熱を与えると無毒化することができます。

傷口を洗浄し、棘(とげ)が残っている場合は除去する。刺された場所を42~45度の温水に30分~90分浸すことが有効。それでも良くならない場合は、早期の医療機関の受診をお勧めします。
とのこと。

娘に釣り竿を立てて持ってもらい、宙に浮いた状態でハオコゼを外すことにしたのですが、そーとハオコゼの口に針外しを近づけた瞬間、娘が竿を動かしました。

『痛っ!!!!』

人差し指を刺されてしまった。

よく見ると背びれから白い刺(とげ)が出ている。

『やっちまった…』

キーンとした激痛。

毒が回る!と思い、すぐに血抜き。ひたすら血抜き。

蛋白毒を無毒化する為に42~45度の温水に30分~90分浸す必要が!

どこかにお湯!

しかしその日は売店が休み、しかも夏なのでホットドリンクも売っていない。そこで頭がフル回転。そして閃いた!

その応急処置の方法は、

空き缶をライターで炙り、熱くなった部分を刺された場所に当てる。空き缶が冷めたらまたライターで炙る。この熱で毒を無毒化する。

を30分ほど繰り返しました。

その甲斐あって、痛みがなくなりました。

オコゼの蛋白毒には患部にお灸をすることも有効なようです。近くに釣具店やコンビニがあればいいのですが、無い場合の応急処置はかなり面倒だと思います。夏なら乗ってきた車の熱くなったボンネットなどんでも代用できます。

何回も来ている場所で、しかも今までハオコゼが釣れたことなかったのに、結局3匹も釣れました。
釣れてしまうのは仕方ないのですが『絶対に触らない』『釣った毒魚はその場に放置しない』ことを忘れないでください。魚が死んでも毒は生きているらしいので、必ず捨てるか、海に戻し、誰かが触れる状況でほっておくのはやめましょう。第2、第3の被害者が出ます。

毒を持つ魚、身近な場所にいるし、意外に数も多いですよね。
オニカサゴ、ハオコゼ、ゴンズイ、アイゴ、エイ、ヒョウモンダコなどなど…。

オコゼの中でも、オニダルマオコゼは猛毒で有名で、毒はハブ毒の約80倍といわれており、刺されて重症化したケースもあります。大きい毒魚は毒も強いようです。怖い。

いつもは魚が釣れると、左手に軍手をはめ、右手に針外しを持って、魚を握って針を外すのですが、10秒ほど握る直前で悩んでいました。この魚は握って大丈夫なのか、ヤバいのかと。ホントに握らないで良かったです。

結局1個所だけ刺されてたのですが、もし握っていたらと考えるとゾッとします……。

その日の夜中、違和感を感じ目が覚めました。刺された右腕が少し痛く、痺れている感覚。あれだけ迅速に応急処置をしたのに毒が残っていたんですね。しかもたった1個所刺されただけなのに。

ハオコゼ恐ろしや……。

やはり海の生き物は怖い……。

 

こいつは鯛の子供???

危険な棘毒魚 ハオコゼに刺された時の正しい対処法と応急処置の方法!でした。

こちらの記事もおすすめです!

【危険生物】日本の海に生息する毒を持った危険な魚・生物たち一覧!

海。海水浴シーズンや釣り、ギャルウォッチなど、楽しみの多い場所でもありますが、危険な生物が住む場所でもあります。地球の温暖化の影響でこれまでは日本の海にいなかっ ...

続きを見る



-日記
-, ,

Copyright© そこに山と金があるから , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.