山と映画を愛する男の『趣味』と『実益』を兼ねたブログです。

そこに山と金があるから

ザック(リュック)で背中が蒸れるなら、絶対蒸れないピップバック マウンテンスミス TLS day を使え!

投稿日:


私は新陳代謝が活発。すなわち汗かきです。そして登山好き。

当然ザック(リュック)を背負うと背中は絞れるくらい汗をかいています。ザックの背中部分もビショビショになります。
当然ザックは洗えるわけではなく、積み重なっていく匂いを嗅いでみると『うっっ!!』と悶絶してしまします笑

 

私は基本日帰り登山の金剛山へしか行かないので、荷物は着替え適度しか必要ないので30リットルあるザックは要りません。15リットルあれば十分足ります。
ヒップバックは1つ持っているのですが、7リットル程度の容量しかないのであまり使えません。デカすぎると邪魔、小さすぎると使えない、15リットル程度のヒップバックはないのか。そこで色々調べてみました。

そして辿り着いたのがマウンテンスミス(mounatinsmith)day TLS でした。

 

マウンテンスミスとは

1979年米国、コロラド州に誕生し創始者パトリックスミスの長年のアウトドア経験から生まれた高機能で高品質なアウトドアブランド。

 

マウンテンスミス day TLSとは

マウンテンスミス(mounatinsmith) day TLSとはペットボトル再生素材を100%使用した450dナイロンを使用した頑丈なバッグ。容量は14リットル。環境に優しく機能も充実したシリーズ。手持ち・ショルダー・ウエストバッグの3通りのアレンジができるので、アウトドアやスポーツシーンだけでなく、タウンユースとしても使用出来ます。内外計8つのポケットを備えているので、荷物をすっきり収納できる優れものです。

カラーは8種類

サイズはタテ30.5 cm ヨコ:33cm マチ:20.5cm 持ち手の高さ:7cm

作りがかなり頑丈で、生地がかなり厚めです。使用して3年になりますが、今だにキズやすれが殆ど付かないので新品に近い状態だと思います。

私はヒップバックと使用していますが、容量が20リットルもあります。ベルト部分も太めになっているので安定感も抜群です。ただ、ヒップバックはトレイルランなどの『走る』運動には向かないのですが、日帰り登山、サイクリングなどの腰が激しく動かない運動にはベストな存在だと思います。

売りは『デルタサスペンションシステム』

ウェストだけでなく、ナナメ方向の2本のストラップを締めることで腰にピッタリとフィットして極上の安定感を実現できます。

そしてA4サイズのファイルがタテに入る優れもの!

 

腰とお腹に当たる部分はメッシュ素材で腰を固定するベルトは太めなので安定感は抜群です。

 

ジョイント部分も大きめで作りが頑丈なので壊れる心配はありません。このday TLSは基本的にすべての作りが頑丈です。

 

 

ヒップバックとしてのサイズは少し大きめです。デルタサスペンションシステムで安定度はあるのですが、STRAPETTESを付けることで更に安定度が増します。

 

カバンの様に肩から掛けれるショルダーベルトも付いています。

 

荷物はどれくらい入るのか

容量は14リットル。

ドリンクホルダーが左右に2コ付いています。伸びる網状のホルダーではなく、ボディと同じ生地でなので安定性は抜群です。1?のペットボトルが入ります。

収納は計8つあります。

メインポケットは3層に別れています。

メイン
弁当や着替えを入れるスペースとして使用。ティッシュペーパーの箱がギリギリ入る底幅11cmあります。横幅は約32cm、高さは約26cm。

 

メインの外側に付いている内ポケット(ジッパー付き)
サイズは10cm×20cm。厚みは有りませんがジッパーが付いているので貴重品を収納できます。

 

腰側に付いている仕切り。
大きさはメインポケットと同じですが、厚みはありません。幅は約32cm、仕切りの高さは20cm。

 

フロント部にあるサブポケット(ジッパー・フック付き)
高さ20cm×横幅20cm。キーホルダーフックが付いているので財布などを引っ掛けて使えます。このポケットだけでもかなりの小物が入ります。すぐ取り出せる場所にあるのでよく使う小物を入れておくのに丁度いいです。

 

メインとサブのポケットのジッパー部には黄色いタグのようなものがついていて手探りでも掴みやすく開けやすいです。

 

本体左右にポケットが2つあります。
ドリンクホルダーとして使えます。メッシュ状のドリンクホルダーではなく、本体と同じ素材で、入り口部分をゴムで締めるタイプのホルダーになっているので頑丈で安定性が高いです。1リットルのかなり大きなペットボトルが入ります。

 

腰ベルトにも2つ
メッシュ状の収納が付いています。ポケットティッシュが入る大きさです。

 

本体底に折り畳み傘を付けることが出来ます。これが何気に便利です。

 

そして黄色いゴム部分にモンベルのチェーンアイゼンがピッタリはまります。アイゼンなどの泥が付く物をカバンの中に入れずに済みます。

 

これだけの物が余裕で入ります!

 

メディスンバック(救急箱)の中身です

ホントに最低限の物しか入っていませんが、これだけあれば日帰り登山は安心過ぎるくらいです!ただ備えはいくらあっても足りません!

 

無くても大丈夫だけど、あれば少し安心するものです。

パラシュートロープ 4mmで耐荷重250kgもある優れもの。方位磁石。カラビナ。遭難したときに笛。私、心配性です。

 

 

レインカバーもあるので雨も安心。

 

 

 

新作も出ているのですが、使い勝手などの総合点はday TLSの方が上です。

 

[マウンテンスミス] MOUNTAINSMITH DAY 40362 10 (ブラック)

 

汗は我慢しても湧いてきます。汗かきで、背負うリュックが嫌いな方はヒップバックのマウンテンスミス day TLS がおすすめです!容量・安定感・強度ともに間違いなく世界最強のヒップバックです!

ザック(リュック)で背中が蒸れるなら、絶対蒸れないマウンテンスミス TLS day を使え!でした。



-日記
-,

Copyright© そこに山と金があるから , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.