「歴史」 一覧

織田信長 宣教師の巨大な黒人奴隷【ヤスケ】を家来に登用する。

2018/02/21   -歴史
 ,

1581年、宣教師ヴァリニャーノは黒人を連れて信長を訪ねた。 信長は大変驚いた。なぜなら黒人の肌の色が黒く、色白の自分とあまりにも違っていたから。宣教師は『生まれた時からそのような肌なのです』と説明す ...

徳川家康 ドケチ将軍の莫大な財産、残した遺産は総額いくらあったのか。真実に迫る!

2018/02/19   -歴史
 ,

2018年最新版。   ドケチで有名だった徳川家康の莫大な財産、そして死後残した遺産は総額いくらだったのか、そしてその遺産は一体どうなったのか?お金大好きな人には大変気になる話ですね。 私M ...

徳川家康 征夷大将軍の先祖はスケベな旅坊主『徳阿弥』

2018/02/19   -歴史
 ,

『鳴かぬなら 鳴くまで待とう ほととぎす』 徳川家康といえばこの一句です。家康の生涯を象徴したものとして現代に定着しています。 『織田がつき 羽柴がこねし天下餅 座りしままに食うは徳川』 こんな面白い ...

豊臣秀吉 黄金の茶室をつくるほど茶を愛した理由とは。

2018/02/19   -歴史
 ,

茶人としても知られる秀吉。 戦国大名の多くは茶道を好み、茶は血生臭い修羅場を離れ、気持ちをあらためて一服する場所でもありました。 礼を尊ぶ静謐な茶室は、心が洗われる空間でもありました。 分かりやすく言 ...

豊臣秀吉 戦上手な秀吉。得意な戦法は『兵糧攻め』だった。

2018/02/19   -歴史
 ,

秀吉の得意とする、代表的な戦術は『兵糧攻め』でした。 有名なのが『三木の干殺し』と『鳥取の飢え殺し』です。 三木の干殺し 1580年、秀吉は織田信長に逆らった別所長治を討つために、三木城を包囲します。 ...

豊臣秀吉 女好きなスケベな猿。宮殿を遊郭に変えてしまう。

2018/02/19   -歴史
 ,

天下人 豊臣秀吉。 秀吉は40歳を過ぎると、猛烈な女狩りを始めたそうです。 京都や堺で美しい娘や未亡人がいると聞けば、部下に連れてこさせたそうです。気に入ればそのまま愛人にし、気に入らなくても2日は手 ...

豊臣秀吉 鮮やかに脚色された逸話の数々。真実はいったいどの逸話?

2018/02/19   -歴史
 ,

盛られた、脚色されたのは先の肖像画だけではありません。 秀吉の逸話は数多く存在しますが、その多くが偽りである可能性が高いようです。 墨俣の一夜城 1566年、信長による美濃侵攻にあたり、秀吉が機転を利 ...

豊臣秀吉 謎に包まれた出生。貧しい農民出身は本当なのか。

2018/02/17   -歴史
 ,

『鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ほととぎす』 この一句が物語るように、落ちない城、振り向かない人材や女、そして天下を、欲しいものは知恵の限りを尽くして手に入れて農民から天下人まで這いあがった豊臣秀吉。 ...

明智光秀が本能寺の変で織田信長に反旗を翻した本当の理由。真実とは。

2017/10/10   -歴史
 , ,

織田軍中でも重臣として取り立てられ、破格の抜擢を受けていた明智光秀。 信長はなぜ光秀を冷遇しはじめたのか。 そしてなぜ本能寺の変が起こってしまったのか。   光秀が謀反を起こした理由について ...

【第六天魔王】織田信長の冷酷かつ恐ろしすぎる大量虐殺の歴史の真実。

2017/10/04   -歴史
 ,

戦国時代、最も全国統一に近づいた武将・戦国大名 織田信長。 『鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす』 ホトトギスをつかった俳句が有名です。 光栄の『信長の野望』シリーズも有名です。個人的に大好きでした ...

世界三大墳墓 仁徳天皇陵(大仙陵古墳)はなぜ巨大なのか。その理由は…。

仁徳天皇陵(大仙陵古墳)とは 日本最大の前方後円墳。 大阪府堺市堺区大仙町にある古墳。形状は前方後円墳。百舌鳥古墳群を構成する古墳の1つ。大仙陵古墳(だいせんりょうこふん)または大山古墳(だいせんこふ ...

『天上天下唯我独尊』仏陀(ブッダ)の言葉から学ぶ。人生を見直す方法。

2017/03/21   -歴史
 , ,

『人生という道は、自分の思った通りには進めない。しかし、自分自身で道を切り開くしかない。人生という道に迷った時、仏陀の言葉を思い出して前向きに進んでいこう』 私の言葉です笑 『人生は、老いや病など、苦 ...

徳川埋蔵金の真実。歴史に埋もれてしまった本当の埋蔵場所はどこなのか?

2017/02/20   -歴史
 ,

最近『徳川十五代 知れば知るほど』監修 大石慎三郎(学習院大学名誉教授/徳川林政史研究所所長)を読みました。 初代将軍 徳川家康から、秀忠、家光、家綱、綱吉、家宣、家継、吉宗、家重、家治、家斉、家慶、 ...





Copyright© そこに山と金があるから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.